体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

物語の考察も楽しいアクションパズルゲーム『PaPo&Yo』 へんてこな街に迷い込んだ少年とモンスターを待つものは?

今回紹介するゲームは『PaPo&Yo』だ。本作はインディゲームデベロッパー「Minority Media」によるアクションパズルゲーム。ゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて1480円で販売されており、有志による日本語化ファイルも公開されている。

このゲームは、突如現れた光の渦に飛び込んだ少年「キコ」が、巨大なモンスターやロボットなどといった仲間の力を借りて、多数のギミックが存在するへんてこな街を探索していく内容だ。

テキストの量や会話シーンは比較的少なく、状況や展開を考察しながらプレイできるゲームだ。ジャンルはアクションパズルだが、プレイスキルよりも世界観にスポットライトが当てられているゲームなので、腕に自信が無い方でも安心してプレイができる。

image12
 

光の渦に飛び込んだ少年の前に現れた「へんてこな街」

物語の始まりは薄暗い部屋から始まる。部屋の外には大きな物音を立ててうろつく”ナニカ”の影が見える。キコは、怯えているのか外のモノから身を隠している様子だ。そこに突如、壁に「光る渦の印」が浮かび上がる。

image24
怯えている様子のキコ
 
image22
現れた光の渦に飛び込む
 
キコが光の渦へと飛び込んだ先に待ち受けていたのは、現実世界とは異なる「へんてこな街」。この街には、たくさんのギミックが隠されている。例えば、壁から突起したレバーを引くことで階段が現れたり、家に付いたネジを回すことで足が生え、家が自ら移動したりする。

image05
「!」が表示したらアクションボタンを押そう
 
image03
壁から階段が出てくる
 
この街のギミックは無機質な人工物というより、子供がチョークで描いた落書きに見える。街に設置されているギミックは、ゆっくり周りを見てゆっくり考えれば解けるレベルだ。もしも、詰まってしまった時のために「ヒントボックス」が用意されている。とはいえ、自分の力でゲームをクリアしたい人は、あえて、ヒントボックスを使わないのも面白いかもしれない。

image09
ヒントボックス

image15
  
さて、向こう岸に渡りたいが、橋がかけられていないため渡ることができない場所に行き当たる。目の前には子供が遊んだような落書きと、家の絵が描かれたダンボールしかない

image08
家の絵が描かれたダンボールと実際の家が連携されている

実は、これは向こう岸に渡るためのギミックの1つである。ダンボールを動かすと、対応する家も動くため、地面に描かれた四角形の通りにダンボールを置くことで家を橋代わりに利用できる。

image06
置き方は細かく反映される
 
他にも壁がめくれ上がったり、生き物のように家が移動したりするギミックが存在している。まるで、子供のころに思い描いた妄想がそのまま具現化されたような不思議な街だ。作品内に仕掛けられた様々なギミックを見るのも、このゲームの楽しみの1つである。
 
image25
足が生えて移動する家

image21
ギミックの中には巨大な仕掛けも
 
キコが街を探索していく中で、ロボットの「ルーラ」と出会う。彼の口ぶりだと、どうやらキコとルーラは以前からの知り合いである様子。ルーラを背負うことで、キコは遠く離れている場所まで飛んで行くことができる。また、キコでは届かない高い位置のギミックもルーラに頼めば起動してくれる。ルーラは頼れる相棒だ。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。