ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

民泊が熱い!訪日外国人観光客のAirbnb利用が年間300万人超え!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

民泊という言葉を耳にするようになって久しいですね。旅人の立場からすれば、ホテルなどではなく旅先に暮らす一般人の住宅に泊まる旅のスタイル。

もてなす側からすれば、自宅を民泊用に整えて、世界中から旅人に遊びに来てもらうといった感じです。ただ「民泊、民泊って言うけど、実際にどれだけ来ているの?」「本当に外国人は日本で民泊の旅を楽しんでいるの?」といった疑問はあるはず。

3位はアメリカ人!年間300万人を超えた【日本で民泊する外国人旅行者】最も多い利用者は何人?
そこで今回は世界中のユニークな部屋をネットや携帯で掲載・検索・予約できる世界最大手のサービス『Airbnb』(エアー・ビー・アンド・ビー)の発表した調査結果をもとに、日本に民泊で遊びに来ている外国人旅行者の主な国籍をランキング形式で紹介したいと思います。

日本に民泊で訪れる人は年間300万人超え! 主な国籍4~10位は?

3位はアメリカ人!年間300万人を超えた【日本で民泊する外国人旅行者】最も多い利用者は何人?
最初は4~10位まで。『Airbnb』によると、同社のサービスを利用して日本を訪れた人は、2016年で300万人を超えたと言います。日本に年間で訪れる外国人の観光客数は2015年が1973万人ほど。2016年は既に2000万人を超えていますが、その中の300万人とはとてつもない数ですよね。

実際にどのような国籍の人が来てくれているかと言えば、4位〜10位は以下の通り。

4位 香港人
5位 台湾人
6位 オーストラリア人
7位 シンガポール人
8位 タイ人
9位 マレーシア人
10位 フランス人

ヨーロッパからオセアニア、東アジア、東南アジアと、さまざまな地域の人が民泊を利用していると分かります。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい

旅人なら知っておきたい!今さら聞けない「民泊」のメリット
意外に穴場?東京でもAirbnbを使えば高級ホテルのような部屋に宿泊できる!
今注目の「Airbnb」オフィスから学ぶ、幸せを作り出す働き方

民泊で日本を訪れる外国人 第3位はアメリカ人

3位はアメリカ人!年間300万人を超えた【日本で民泊する外国人旅行者】最も多い利用者は何人?
第3位はアメリカ人。そもそも上述の世界最大手である民泊サイト『Airbnb』は、アメリカ発祥のサービス。その意味で単純に利用者が多いという意味もあるかもしれませんね。

実際、知人の30代のアメリカ人に試みに聞いてみたところ、国外旅行だけでなくもちろん国内(米国)旅行にも『Airbnb』をかなり使っていると教えてくれました。その人の周りにもかなりユーザが多いと言います。

民泊を選ぶ理由は、やはり通常のホテルでは期待できないコアでディープな体験を求めているからだとか。『Airbnb』が発表した資料によると、同サービスの利用者の23%が18歳~24歳、46%が25~34歳だと分かります。ユニークな体験をしたいという若者を中心に、アメリカで民泊は盛り上がりを見せているようですね。

民泊で日本を訪れる外国人 第2位は中国人

3位はアメリカ人!年間300万人を超えた【日本で民泊する外国人旅行者】最も多い利用者は何人?
第2位は中国人。そもそも日本に来る外国人観光客の中で、突出して数が多いのが中国人。日本政府観光局の資料を見ると、2015年には観光目的で423万人の中国人が訪れています。来る人が多ければ、単純にそれだけ民泊利用者も増えると考えられそうです。

そう考えると逆に、2015年に日本に74万人しか来ていないアメリカ人の第3位という結果にあらためて驚きます。これだけ年間で訪れる人の数が違う中で、アメリカ人が3位に選ばれているとは、ちょっとすごい数字ですよね。

『Airbnb』が米国発のサービスだと言う点を差し引いても、さまざまなスタイルで旅を楽しむアメリカ人の気質がかえって際立っているような気がします。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい

旅人なら知っておきたい!今さら聞けない「民泊」のメリット
意外に穴場?東京でもAirbnbを使えば高級ホテルのような部屋に宿泊できる!
今注目の「Airbnb」オフィスから学ぶ、幸せを作り出す働き方

民泊で日本を訪れる外国人 第1位はお隣の韓国人

3位はアメリカ人!年間300万人を超えた【日本で民泊する外国人旅行者】最も多い利用者は何人?
2016年に民泊で最も日本を訪れている国民は、お隣の韓国人。日本政府観光局によると、中国人に次いで韓国人は2番目に日本に遊びに来てくれる人の数が多いです。2015年では350万人ほど。そもそも訪れる人が多いからこそ、No.1になったという理由も考えられますよね。

ただ、もちろんそれ以外にも第1位になった理由はあるはず。筆者は世界各地のバックパッカーの宿やゲストハウスなどで、英語を自由自在に使いこなす行動力抜群の若い韓国人男女にたくさん会ってきました。そうしたフットワークの軽いパワフルな世代が、積極的に民泊で日本にも訪れているのかもしれませんね。

以上、年間300万人を超えるという民泊で日本に遊びに来る外国人旅行者、その国籍を多い順にランキング形式で紹介しましたが、いかがでしたか?

民泊についてはTABIZINEでも「旅人なら知っておきたい!今さら聞けない「民泊」のメリット」などで触れてきましたね。「そもそも民泊ってよく分からない」と言う人は、併せてチェックしてみてくださいね。

3位はアメリカ人!年間300万人を超えた【日本で民泊する外国人旅行者】最も多い利用者は何人?
[Airbnb利用のインバウンドゲストが300万人を突破 – Airbnb Japan]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。