ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

忘れられない和菓子屋号泣事件。「安定期はいつ来るの?」と思い続けたマタニティライフ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope04:20161021165154j:plain

妊娠中期と言えば世間一般では「安定期」と言われ、マタニティライフを楽しめる時期というイメージがあると思います。

妊娠初期は重度妊娠悪阻に分類されるほどのつわりに耐えながら、頭の中は「安定期に入るまであと○日!」というカウントダウンばかりでした。

しかし私は16週どころか20週に入ってもつわりが続いていて、「来週は公園に遊びに行こうね」という2歳の長男との約束も全く守れず謝ってばかりでした。

雑誌には「妊娠中期は心身ともに安定している時期なのでマタニティライフを楽しみましょう」なんて書いてあるのに「安定期はいつになったらくるんだろう」と悲しくなりました。

22週にはやっと近所に少し遊びに行けるようになりました。

しかし外出した日の翌日は必ずといっていいほど体が鉛のように重く寝込んでしまう状態でした。たった1時間の外出でも帰宅すると疲れ切って横になってしまうという状態に「これはおかしい」と思い妊婦検診でつらさを訴えました。しかし「切迫早産の兆候もないしおなかの赤ちゃんも元気だから問題ないですよ」と言われ、横になりたいっていうのは怠けなのかな、安定期なんだから頑張って動かなくちゃと思ってしまいました。

忘れられない出来事は24週に起こりました。

友人が我が家に遊びに来てくれることになり、おもてなしのお菓子を買いに自宅から歩いて10分もかからない和菓子屋さんに行くことにしました。たったそれだけの移動ですがなんとか長男と手をつないでお店にたどり着くと…

なんと臨時定休日の貼り紙が!

「こんなにつらい中、意を決して歩いてきたのに…」

情緒不安定だった私は、なんとお店の前で座り込んで泣き出してしまったのです。

びっくりした長男が頭をなでてくれました。

その優しさに対しても「動ける時期のはずなのに家にこもってばかりのお母さんでごめんね」とさらに涙が出てきてしまいました。

今でもそのお店の前を通ると長男が「せっかく来たのにお休みだった日があったよね」と言います。外で泣き出した私のことをよく覚えているのでしょう。 関連記事:出産間近にピークだったマタニティーブルー。洗濯途中に突然涙が止まらなくなり過呼吸に…

結局そのまま妊娠後期に入ってしまいました。言うまでもなく後期はさらに体がつらく、私には妊娠中元気に動き回れる期間はありませんでした。

結果的に私は34週で早産してしまいました。

なんの前触れもなく突然やってきてしまった陣痛。切迫早産とも言われていなかったのに、おなかの張りも正常の範囲内と言われていたのに、原因不明の早産でした。

幸い生まれた次男はNICUを経て順調に成長しています。医学的にはつらかった妊娠期間と早産との関係は全くないのだと思います。

安定期という言葉に惑わされて、「妊娠中も働いている人だっていっぱいいるんだ」と体に鞭打って動いて寝込んで…。妊娠・出産は人それぞれ。体から「つらい」というサインが出ていたのだからもっと休んでよかったんだと今になって思います。

もし「妊娠中期なのに体がつらい」と感じている妊婦さんがいましたら、ぜひ体が発している声に耳を傾けて、「これはもっと休んでというサインなんだ」と受け止めてもらいたいです。 関連記事:今まで会った妊婦さんは「外出できる元気な人」…!つわりで思い知った妊娠の大変さ

f:id:akasuguope04:20161006112223j:plain

著者:さくらんぼ

年齢:30代前半

子どもの年齢:5歳・2歳

東京郊外に住む5歳・2歳の元気な兄弟の母です。毎日奮闘中!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

イケメンがさらにイケメン!!!
マタニティハイ
出産間近にピークだったマタニティーブルー。洗濯途中に突然涙が止まらなくなり過呼吸に…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。