ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

フランスでそのまま通じる、ちょっぴり意外な日本語とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

毎日の生活に浸透している「ペン」や「シャンプー」などの外来語。日常的に使っているために、元々はどこの国の言葉なのか、意識することは少ないですよね。逆に「Wagyu」や「寿司に次ぐ世界で大人気の日本食は「EDAMAME(枝豆)」だった!」で紹介した「Edamame」など、和名が海外で浸透しているケースもあります。

日本人ならきっと誰もが知っているのに、おそらく意識せずに使っている「身近なフランス語 /フランスで浸透している日本語」をご紹介しましょう! 
まずは身近なフランス語から。

マヨネーズ/Mayonnaise

え、これも? 意外と身近なフランス語4つ
デミグラスソースにタルタルソースなど、ソースの種類がとても豊富なフランス料理。フランスの食卓でも、日本のご家庭でも常備しているソースといえば? ウスターソースと答えたくなりそうですが、ウスターソースはイギリス生まれ。ということで、答えはマヨネーズ! フランスのマヨネーズは、日本のものよりも濃厚な味です。機会があればぜひ、食べ比べてみてください。

パン/Pain

え、これも? 意外と身近なフランス語4つ
戦国時代に、ポルトガルから鉄砲とともに伝わったとされる「パン」。このような背景もあるためか、英語の「ブレッド」ではなく、ポルトガル語の「パン」という呼び方が浸透しています。フランス語でも食パンやバゲットなどを総称する呼び名は「パン」です。

続いて、フランスで浸透しているちょっぴり意外な日本語です。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい

フランスでそのまま通じる日本語11選〜Otakuを意味するフランス語はありません〜
外国人との会話にぴったり!ちょっと面白い、意外な外来語集
【外国から見た日本】外国人が来日時に見てる「日本ガイド」が面白い!

すり身/Surimi

え、これも? 意外と身近なフランス語4つ
魚のすり身を使った「カニカマ」。フランスですり身というと、カニカマのことを指します。ということで、もともとは日本語のすり身が、ニュアンスが変わった形で定着。フランスの人たちはジャパンクオリティ炸裂!外国人も大絶賛の美しすぎる「カニカマ」でもお伝えしたように、カニカマを「Surimi」と呼んでいるにも関わらず、主原料が「カニ」だと思っているケースもしばしば。

柿/Kaki

え、これも? 意外と身近なフランス語4つ
柿は日本で最も古い果物のひとつです。英語圏では「パーシモン」あるいは「シャロンフルーツ」と呼ばれていますが、フランスでは「Kaki」。スーパーやマルシェの値札にも「Kaki」と書かれて販売されていますし、フランスのレシピサイトで「Kaki」で検索するとさまざまな柿のレシピがヒット。

おまけ:マクドナルドは「マクド」です

関東では「マック」、関西では「マクド」というニックネームが浸透しているファーストフードチェーンのマクドナルド。フランスでも関西と同じように「マクド」と呼ばれているのをご存知でしたか?

え、これも? 意外と身近なフランス語4つ
世界中で愛されている絵本「バーバパパ」は、日本語で「綿あめ」という小ネタも付け加えておくことにしましょう。

[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。