ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【動画】映画『怪盗グルー』シリーズ第3弾、トレイ・パーカーが80年代風の悪役を演じるトレーラーが公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

怪盗グルー、ルーシー、ミニオンたちが戻ってくる。肩パットが入った服でムーンウォークするバルタザール・ブラットという、新しい敵に立ち向かう。

映画『Despicable Me 3(原題)』のトレーラーでは、ブラット(テレビシリーズ『サウスパーク』のクリエーターのトレイ・パークが声を演じる)が、紫色のジャンプスーツに襟足を長くのばした髪型でマイケル・ジャクソンの楽曲『バッド』をバックグランドに、海の上でムーンウォークし、スキーで船の側面を走る。一方、アンチ悪役の本部では、逃走中のモンスターを目撃したのではないかと疑うが、メンバーの1人がブラットを、「モンスターではない。肩パット入りの服を着た男だ!」と、言う。

ブラットは、思春期に入り自身の番組がキャンセルとなった80年代の子役スターだった。しかし今、本格的な世界征服を計画している。

グルー(スティーヴ・カレル)と妻のルーシー(クリステン・ウィグ)は、新しい敵を打ち負かす任務に乗り出す。グルーに対し、ブラットはダンスの戦いで挑む。

同作は、イルミネーション・エンターテイメントによる数10億ドルを記録したアニメ映画『怪盗グルー』シリーズの4作目となる。イルミネーションは、映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』のスピンオフ版映画『ミニオンズ』を2015年に劇場公開した。同作は、全世界で興行総収入12億ドルを記録した。『怪盗グルーの月泥棒 3D』、映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』は、2010年と2013年にそれぞれ劇場公開された。

『Despicable Me 3(原題)』は、カイル・バルダとピエール・コフィンが監督を努め、2017年6月30日に米劇場公開する。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。