体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「今度ゴハン食べにおいでよ」が原点、子ども食堂を始めた想いとは

「今度ゴハン食べにおいでよ」が原点、子ども食堂を始めた想いとは

経済的な理由で十分に食事が取れない子どもなどに食事を提供することで全国に広がりを見せている「こども食堂」。テレビや新聞で目にしていたその名前を、家の近所で見かけるようになったのは、半年前のことだった。それが、毎月第4水曜日に開かれる「ようがこども食堂」。あまり”貧困“なイメージとは結び付かない世田谷区用賀というこの街で「こども食堂」を始めたのはなぜなのか。その理由を、「ようがこども食堂」の開催日にお邪魔して、代表の瀬尾明子さんに聞いてみた。

子どものボランティアも楽しくお手伝い

10月26日16時。「ようがこども食堂」が開催されるレストランの前では、17時のオープンを前に、スタッフが忙しく準備をしていた。なぜか皆、仮装をしている。そして、お話を聞く予定の「ようがこども食堂」代表の瀬尾さんも、ジャスミン(映画『アラジン』)の仮装をバッチリ決めて、私たちの前に現れた。

「ハロウィーンが近いので、スタッフ全員が仮装しているんです。参加者の皆さんにも、仮装してねって呼びかけているんですよ」(瀬尾さん、以下同)

開始時刻の17時が近づくと、スタッフの皆さんの動きが慌ただしくなる。レストランの外で、受付の準備をするスタッフもいれば、食事を用意するスタッフも。デザートのパンプキンケーキに、楽しそうにオバケの飾りつけをしているのは、子どもたちだ。

「大人や大学生のボランティアだけではなく、子どものボランティアも、常時4~5人はいます。エプロンをして手を洗ったら、お手伝いをすることになっています」

そういえば、レストランの前で呼び込みをしていたのも、小学生の男の子だった。皆が生き生きと楽しみながらお手伝いをしている。そうして着々と準備が進むなか、私は一番気になっていたこの質問を瀬尾さんにぶつけてみた。

「用賀って、あまり“貧困家庭”が多いイメージがないんですが、なぜここ用賀で、こども食堂を始めたんですか?」<画像1>左:「ようがこども食堂」代表の瀬尾明子さん(44歳)。用賀にある整骨院でセラピスト兼アシスタントを務める傍ら、「ようがこども食堂」の運営に取り組んでいる。2児の母であり、栄養士と調理師の資格ももっている。右:会場となるレストラン前に立てられた手づくりの看板。参加費は、中学生以下の子どもは無料、大人は300円。その日のメニューも書かれている(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

<画像1>左:「ようがこども食堂」代表の瀬尾明子さん(44歳)。用賀にある整骨院でセラピスト兼アシスタントを務める傍ら、「ようがこども食堂」の運営に取り組んでいる。2児の母であり、栄養士と調理師の資格ももっている。右:会場となるレストラン前に立てられた手づくりの看板。参加費は、中学生以下の子どもは無料、大人は300円。その日のメニューも書かれている(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

「今度、ゴハン食べにおいでよ」が原点だった

きっかけは、瀬尾さんが勤めている整骨院に通う女性の「うちの子、学校に行けなくなっちゃって、家にいるの」という一言だった。

「『うちの子にもそういう時期あったよ。だから、無理に学校に行かなくていいんじゃない? 代わりにここ(整骨院)に遊びにおいでよ』と声をかけたら、その子が本当に通ってきてくれるようになって。整骨院で勉強したりしているうちに、また学校に通えるようになったんです」(瀬尾さん)

以来、整骨院に不登校の子どもが集まるようになり、中学生、高校生、大学生たちがワイワイと勉強を教え合ったりするようになったのだとか。彼らの様子を見ていて、瀬尾さんはあることに気付いたのだという。

「『これから塾だから、ここで食べていい?』とコンビニで買ったおにぎりを夕食代わりにしている子がいるんです。お母さんが忙しくて、食事を用意する時間がなかったからって。『それなら今度、ここにゴハン食べにおいでよ』と思わず口にしていました。それがそもそものきっかけです」

1人で食事をしなければならない子が少なくないことを知り、その食事の内容も心配になった瀬尾さんが、「自分にも何かできることはないだろうか」と考え始めていたちょうどその時期、NHKで“こども食堂”を取り上げた番組が放送された。番組を見た瀬尾さんは、「“こども食堂”でなら実現できる!」と考え、年末に職場で「来年の抱負」として「来年は“子ども食堂”をやりたい!」と宣言。それから、瀬尾さんの「ようがこども食堂」立ち上げの取り組みが始まった。<画像2>左:食事の支度に忙しいスタッフたち。右:おそろいのポロシャツの背中には、「ようがこども食堂」の文字が(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。