体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「このままじゃいけない」のに踏み出せない人へ――行動力を育てる「7つの習慣」

「このままじゃいけない」と思いつつも、なかなか行動に移せず、現状を打破できない――そんな状況にある方、意外に多いのではないでしょうか?

独自のノマドワーク&ライフスタイルの実践者として知られ、現在は株式会社スプリー代表を務める安藤美冬氏は、自らの経験から、「動ける人と動けない人の違いは、習慣の力にある」と断言しています。

今から10年前、抑うつ症で休職し、ネガティブな気持ちを発散するために散財して部屋はモノがあふれグチャグチャ、恋人には振られる…という「人生どん底期」にあったという安藤氏は、世界的ベストセラーであるスティーブン・R・コヴィー著の『7つの習慣』と出会い、わらにもすがる思いで内容を一つひとつ、愚直に実践。その結果、生活リズムが整い、仕事も人間関係もうまくいくようになったのだそうです。

そしてこれらの経験をもとに、「行動力の育て方」を自分なりに分析し、先ごろ一冊の本にまとめました。

マイナス習慣を断ち切り、毎日をプラスに変える習慣に切り替えるには、どうすればいいのか?安藤氏の著書『やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方~自分を変える7+1の習慣』から、その一部をご紹介します。

f:id:itorikoitoriko:20161216155019j:plain

現状を変えられない人は、「マイナスの習慣」を繰り返していないか?

自分を変える「7+1の習慣」を紹介する前に、安藤氏は「動けない状況から抜け出すヒントにしてほしい」と、まずは自身が「最低な社会人」だったころの7つのマイナス習慣を紹介しています。

<安藤氏がどん底だったころの「7つのマイナス習慣」>

●人や環境のせいにする

→周囲や他人のせいにしているうちは何一つ変えられない

●現実から目をそらす

→大事なことをやらずに、その周辺ばかりに時間を費やしても、現実は変わらない

●焦りや不安から行動する

→ネガティブな気持ちから動機づけをした行動は、自分をすり減らすだけ

●他人の成功から学べない

→嫉妬心を活かせなければ、成長の機会は通り過ぎていく

●考えすぎて動けない

→「やってみよう」という気持ちを自分から打ち消さない

●当たり障りなくふるまう

→自分のことだけを見ていては「信頼」は築けない

●周囲に翻弄される

→自分の価値観や行動指針を持たなければ、ささいなことでブレてしまう

すべてを悪い方向に持っていったのは、ほかならぬ、こうした自信のあり方だったと気付いた安藤氏は、自身の非を認め、自分らしい成功を手に入れるために小さな行動を繰り返しました。その行動力を育ててくれたのが、『7つの習慣』だといいます。

本著では、安藤氏の経験に即した、安藤氏ならではの「超訳・7つの習慣」が紹介されています。

実体験に基づいて作られた「超訳・7つ+1の習慣」

f:id:itorikoitoriko:20161216155018j:plain

「どん底期」の安藤氏が読み、実践したスティーブン・R・コヴィー氏の『7つの習慣』では、次の7つの習慣を身につけることを勧めています。

第1から第3の習慣は、人生をコントロールするうえで必要となる「自立」のための習慣。そして第4から第6の習慣は、自立した個人がさまざまな人と協力し合いながら、周囲に「貢献」することを目指す習慣です。

●第1の習慣:主体的である

●第2の習慣:終わりを思い描くことからはじめる

●第3の習慣:最優先事項を優先する

●第4の習慣:Win-Winを考える

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。