ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

オアシス 初の長編ドキュメンタリー、名曲誕生をめぐる3つのエピソードを紹介

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オアシス 初の長編ドキュメンタリー、名曲誕生をめぐる3つのエピソードを紹介

©Tim Abbot
12月24日に全国公開となる、オアシス初の長編ドキュメンタリー『オアシス:スーパーソニック』。オアシスの名曲の数々を秘蔵映像と共に贅沢に楽しめる本作だが、そんな名曲誕生に秘められた3つのエピソードも紹介されている。

最初のエピソードは、レコード契約前の1992年のこと。ノエルは「ある夜できた1曲ですべてが変わった」と振り返る。メンバーのボーンヘッドも信じられないほどで、初めて曲を聴いた時、「〝曲が出来た“と言って奴が聴かせたのがあれだ。〝お前じゃない”〝なんで?“〝だってそうだろ、よすぎるよ”」と当時のノエルとのやりとりを思い出す。その曲こそ「リヴ・フォーエヴァー」だった。この曲が出来たときノエルは「これはケタ違いだって。“これだ、出来た”と感じた」と振り返っている。ノエルだけではなく、この曲でオアシスの虜になったファンも多いはず。

続いて、本作のタイトルにもなっているデビューシングルから。実は「ブリング・イット・ダウン」でデビューする予定だった。オアシスとレコード契約を交わしたアラン・マッギーが、グラスゴーで初めて聴いて衝撃を受けた曲だったからだ。しかし、演奏が中途半端な出来だったためメンバーは猛反対。そして、ほかの曲を録音せずに、一夜でノエルが書き上げた新曲が「スーパーソニック」だったのだ。その時のことをボーンヘッドは「皆が中華を食っている間に、奴が曲ができたと戻ってきた。その夜、録音してミックスした。すげえ出来だったよ」と語っている。

©Ignition
最後は鳥肌が立つバラード曲の誕生秘話だ。ファーストアルバムがリリースされるとオアシスは米国ツアーへ。しかし、クスリを覚えたメンバーのライヴはめちゃくちゃ。イラついたリアムが八つ当たりでタンバリンをノエルに投げつけたのが事の発端だった。その夜からノエルは失踪。直前に行ったサンフランシスコで出会った女性の元へ逃げ込んだのだ。「何を考えてたのか、とにかく消えたかった 今でもトラウマだ」とノエルは振り返る。しかし一方で、「でも『トーク・トゥナイト』はあの数日に出来たすごくいい曲だから──運命的な出来事だったんだ」とも。リアムの八つ当たりによる“タンバリン投げ事件”が発端で生まれた名曲こそ「トーク・トゥナイト」だった。

本編では他にも「ロックンロール・スター」「ワンダーウォール」「モーニング・グローリー」ほかバンドの軌跡を語る上で欠かすことの出来ない名曲が20曲以上使われている。

映画情報
『オアシス:スーパーソニック』
監督:マット・ホワイトクロス「グアンタナモ、僕達が見た真実」
製作:フィオナ・ニールソン、ジェームズ・ゲイ=リース、サイモン・ハーフォン
製作総指揮:リアム・ギャラガー、ノエル・ギャラガー、アシフ・カパディア「AMY エイミー」、「アイルトン・セナ〜音速の彼方へ」
編集:ポール・モナハン
音楽:ラエル・ジョーンズ
再レコーディングミキサー:リチャード・ディヴィ
VFX&アニメ―ション:ザ・ブルワリー
VFX&アニメ―ションスーパーバイザー:マーク・ナップトン
ミュージックスーパーバイザー:イアン・クック、イアン・ニール
2016年/イギリス/英語/カラー/122分
日本語字幕:石田泰子
監修:鈴木あかね、粉川しの
配給:KADOKAWA
日本公式サイト:http://oasis-supersonic.jp/

関連リンク

オアシス日本オフィシャル・サイトwww.sonymusic.co.jp/oasis
オアシス海外オフィシャル・サイトwww.oasisinet.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。