ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ミッキーマウス誕生から最新作まで…日本初上陸の原画が多数!「ディズニー・アート展」【東京】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ミッキーマウス誕生から最新作まで…日本初上陸の原画が多数!「ディズニー・アート展」【東京】 《ミッキーのハワイ旅行》より 1937年

2017年4月8日(土)~9月24日(日)の期間中、日本科学未来館で企画展「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」が開催されます。

大人から子どもまで、みんな大好きミッキーマウスの誕生から最新作『モアナと伝説の海』まで、約90年分の原画が出展され、そのほとんどが日本初上陸!

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオがキャラクターに吹き込む命…その軌跡を見に出かけましょう!

『蒸気船ウィリー』より前に作られた真のデビュー作とは?

《蒸気船ウィリー》より 1928年

ミッキーマウスの公式デビュー作は、1928年に公開された『蒸気船ウィリー』。しかしその少し前にミッキーマウスの真のデビュー作とも言うべき作品が作られていたのをご存知でしょうか。それが『ブレーン・クレイジー』という作品。

当時、公開の順番が前後しましたが、この作品の原画を『蒸気船ウィリー』と同時公開されるんです!とても90年近く前に描かれたとは思えない鮮やかな鉛筆画のタッチに皆さんも驚くはずです。滅多にお目にかかれない貴重な機会、お見逃しなく♪

《塔の上のラプンツェル》より 2010年

今回の展示ではウォルト・ディズニーのアニメーション・リサーチ・ライブラリー(ARL)が厳選した450点以上の原画が出展されます。

日本でディズニー作品についての展覧会は過去2回開催されましたが、初期のミッキーマウスから最新作までが一同に展示されるのは今回が初めての試み!期待が高まりますね♪

リサーチ、開発などの面からその魔法を解き明かす…!

《ふしぎの国のアリス》より 1951年

ディズニー・アニメーションが生み出す一枚の絵。まるで生きているかのように活き活きと動き出す背後にどのような魔法が隠されているのでしょうか。

《アナと雪の女王》より 2013年

数々の傑作を生みだしたその背景に隠された魔法を解き明かす今回の展示。作画以外にもリサーチや開発といった側面にもスポットを当て、フィーチャーしていきます。きっと皆さんにも「いのちを吹き込む魔法」の秘密が見えてくるはずです…!

レベルアップした技術で送る、最新作の表現とは…?

《モアナと伝説の海》より 2016年

2017年3月公開予定の最新作『モアナと伝説の海』の原画も公開されます。主人公の“海に選ばれた”少女モアナが愛する人々と滅びゆく世界を救うため、大海原での冒険を繰り広げる物語。

『ピノキオ』や『リトル・マーメイド』で開発、進化した「水」の表現が最新技術の導入により各段にレベルアップ!映画を見るならこの展示を見てから出掛けたいですね。

《リトル・マーメイド》より 1989年

過去の作品と最新作、自然や背景、キャラクターの変化、進化を比べながら見るのも面白いですね。きっと様々な発見があるはずです。

《バンビ》より 1942年

まとめ

いかがでしたか?ディズニー・アニメーションのこれまでとこれから。その両方を目にすればきっと皆さんにもディズニー・アートの「いのちを吹き込む魔法」が届くはず。その魔法を知ってから懐かしいディズニー作品を見返したり、最新作を見に行ってみるのはいかがでしょうか。 企画展「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」

開催場所/日本科学未来館 1 階 企画展示ゾーン(東京都江東区青海2丁目3番6号)

期間/2017年 4月8日(土)~9月24日(日)

時間/10:00~17:00

入場料/大人1800円、中人(小学生~18歳以下)1200円、中人(土曜日)1100円、小人(3歳~小学生未満)600円

アクセス/新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」下車徒歩約5分、

「テレコムセンター駅」下車徒歩約4分

「企画展『ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法』」の詳細はこちら

※この記事は2016年12月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

12月の山形といえば雪遊びと温泉♪子供と一緒に楽しめる家族でおでかけおすすめスポット20選◎
子供とおでかけするなら神戸で決まり!家族で楽しむ12月の神戸おすすめスポット20選◎
子供と一緒に冬の神奈川県を満喫しよう!12月に家族でおでかけしたいおすすめスポット20選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。