ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「いまだに迷子」 ユウキロックが明かす「これまで」と「これから」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「いまだに迷子」 ユウキロックが明かす「これまで」と「これから」

 今年も12月18日に開催される『Cygames THE MANZAI 2016 プレミアマスターズ』(フジテレビ系)。「M‐1グランプリ2016」で王者となった銀シャリをはじめ、トレンディエンジェル、千鳥、爆笑問題、中川家など豪華メンバー20組が集います。

 2013年、この『THE MANZAI』で決勝に進めなければ”解散”と覚悟を決め、出場した一組のコンビがいました。第1回「M‐1グランプリ」準優勝、第4回「爆笑オンエアバトル チャンピオン大会」優勝など輝かしい実績をもち、2000年代のお笑いブームをけん引するも2014年に解散した「ハリガネロック」です。

 そんな元ハリガネロック・ユウキロックさんの著書『芸人迷子』には、こう当時の心境が綴られています。

 「『生き残る』ためのネタから『悔いなく辞める』ためのネタへ変わっていった。もうこの時点で俺の漫才人生は終わっていたのかもしれない」(本書より)

 その予感は現実のものとなり、2013年の『THE MANZAI』ではハリガネロック結成以来、自身が「過去最高にスベッた」と表現するほどの漫才に終わり2回戦で敗退。その後、解散へと動き出し、こう自らのキャリアを振り返ります。

 「技術がなかった俺には力ずくで『主観』をぶつけるしかなかった。しかし、世間はそれだけでは振り向いてはくれない。(中略)技術も向上し『主観』と『共感』のバランスを考えて戦略的にネタを作った。外での結果も得られたが、徐々にバランスがおかしくなり、そして、俺は解散する」(本書より)

 そんな苦悩の末に解散の道を選んだユウキロックさん。しかし、積み上げてきた20年のキャリアを「振り向く」のではなく「背負う」ことを覚悟し、現在は「育成」に力を入れているようです。

 解散直後は「演芸インストラクター」を名乗っていたものの、最近では「何を振られても完璧にやります」という思いから”何でも屋”を名乗り、ヨシモト、松竹芸能、サンミュージック、ケイダッシュステージなどのプロダクションで「お笑い講師」を担当しているといいます。

 「ヨシモトでは、自分で企画を出し、大学や、スタッフや構成作家を育成する『よしもとクリエイティブカレッジ』で、『会話術』という講義もやらせてもらっている。俺が培ってきた財産はこれなのだ。だからこそ、この仕事だけは続けていきたいと思っている。それが俺のスタンスである」(本書より)

 一見、芸人時代の迷いから解放されたように見えますが、「未だに迷子」だというユウキロックさん。「人間には死ぬまで出口はない」とその理由を語ります。人生の第二ステージで今、懸命に戦い続けているようです。

■関連記事
ビートたけし、松本人志…水道橋博士がつづる大御所芸人の渾身ルポ
東大卒・マッキンゼー出身のお笑い芸人が語る「仕事を続けるための3つの条件」
ダウンタウン、とんねるず…選ばれしお笑い芸人は「26歳」で時代を掴む?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。