体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全国の「美唄やきとり」ファンに届け! 福よし本店のもつ串を味わう!【北海道】

f:id:mesitsu_lc:20161203161545j:plain

全国に熱狂的なファンがいる、魅惑の焼鳥。

様々な部位の鶏肉が一串で味わえる名物料理があります。

皆さんは「美唄やきとり」をご存知ですか。

北海道・美唄市民の頼み方も豪快です。

「18時に持ち帰りで、もつ50本お願いします」

週末にもなれば、そんな電話が鳴り止みません。

ファンは用がなくても美唄駅で下車したり、高速道路を下りてまで買いに来るほど!

やみつきになる人が後を絶たないのです。

今回は、そんな美唄やきとりファンの聖地

福よし本店 にお邪魔します!

この焼鳥で大きくなりました

f:id:mesitsu_lc:20161203161540j:plain

自分がいつも食べていた焼鳥が、

いつのまにか、みんな大好きなブランドみたいになっていて、

驚きと誇りで胸いっぱい、メシ通レポーターの裸電球です。

北海道・美唄市。

私、この小さな町の出身なんですよ!

美唄市は炭坑で栄えた町でして、

今回ご紹介する「福よし」も元を辿ると炭坑の集落で産声をあげました。

いまから50年以上も前の話ですね。

f:id:mesitsu_lc:20161203161541j:plain

美唄市の決して大きくはない繁華街のはしっこ。

闇夜にキラリと輝くここが「福よし本店」です。

札幌市内にたくさんの「福よし」がありますが、

本店の佇まいは、やはりそれだけで、パワーを感じますよね。

ものすごく渋いです。

それでは早速、お邪魔しましょう!

f:id:mesitsu_lc:20161203161602j:plain

昔から、家族でお祝いといえばココでした。

誕生日に連れてきてもらったこともあります。

美唄で焼鳥といえば「もつ」か「せい」。

なんともシンプルな頼み方なんです。

現在の福よしには「若どり」や「ポンポチ」などのメニューもありますが、

7割以上の注文が、ソウルフードの「もつ」だそうです。

焼き場の勢いがすごい!

f:id:mesitsu_lc:20161203161548j:plain

まるでショーを見ているようです。

炭火を間に挟み、向き合った状態でどんどん焼いています。

塩をサーッと振ったかと思うと、クルクルと串を回転。

真ん中に鏡があるかのように、動きがシンクロする場面も。

まさに職人技です。

f:id:mesitsu_lc:20161203161601j:plain

注文の電話が鳴りやみません。

一度に30本以上焼くことのできる大きな台ですが、

それでもトップスピードのまま、焼いては置いての繰り返し。

まるで……スポーツですよ!

f:id:mesitsu_lc:20161203161550j:plain

すごい火力!

ちょっと近くに立っているだけでもクラクラしそうです。

福よしの美味しさの秘訣は焼き方はもちろんのこと、

やはり「良い素材」を使うことだといいます。

f:id:mesitsu_lc:20161203161551j:plain

お迎えを待つ、焼鳥のみなさんです。

まるで幼稚園のように、次から次へとお客さんが取りにやってきます。

f:id:mesitsu_lc:20161203161559j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。