体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazonの「ドローン宅配」を利用してみたら、13分で商品が届いたって?

Amazonの「ドローン宅配」を利用してみたら、13分で商品が届いたって?

英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物かごに入れて、決済ボタンをポチっ。それから待つこと13分、空からドローンが降りてきて、自宅前の敷地に商品を置いていきました。

これは12月7日、初めてドローンによる宅配を実現させたAmazonが公式に発表した内容。積載重量や飛行距離、いろいろと制限はあるにせよ、「ドローン宅配」いよいよ現実味を帯びてきたことを実感させるニュースです。

宅配ドローンが飛び交う未来

Amazonの「ドローン宅配」を利用してみたら、13分で商品が届いたって?Amazonの「ドローン宅配」を利用してみたら、13分で商品が届いたって?

実用化に向けて開発が進むドローンを利用した宅配サービスは、Amazonのほかにも、Google、ウォルマート・ストアーズなど各社が実証実験を行ってきました。

注文を受けてから30分以内の配送を目指してオペレーション化を進めてきた同社。今回ドローンによるサービス「Prime Air」を利用したのは、拠点となる物販流通センターの施設から13.4km圏内に住むAmazonプライム会員のユーザー。

ただしドローン宅配の積載量は最大でおよそ2.3kg、とまだ運べるものにはかなり制限がついてしまう。現に無人宅配を経験したユーザーの一人がオーダーしたのは、Fire TV Stickと犬用ビスケットだったそう。

それでも、会員が商品をオーダーしてからユーザーの元へドローンが到着するまで、かかった時間はたったの13分だというから驚き。

オーダーから商品到着まで
わずか13分!?のからくり

では、実際にオーダーしてから商品が到着するまで、Prime Airの心臓部に潜入し、ひと足早くドローン宅配の未来をイメージしてみませんか。Amazonの「ドローン宅配」を利用してみたら、13分で商品が届いたって? 専用アプリ「Prime Air」を使って、まずは自宅でショッピング。Amazonの「ドローン宅配」を利用してみたら、13分で商品が届いたって? 決済ボタンをポチッと押した瞬間、Amazonの物流センターに依頼が届きました。スタッフがすぐさま商品をピックし、段ボールに梱包。Amazonの「ドローン宅配」を利用してみたら、13分で商品が届いたって? 段ボールはコンピューター制御されたベルトコンベアに乗って、配送用ドローンの待つドックへ。そして、商品が内蔵したカーゴに積み込まれていきました。すると…。Amazonの「ドローン宅配」を利用してみたら、13分で商品が届いたって?
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会