ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

今こそ深掘りしたい「オバマ大統領」。Netflixよりオリジナル映画配信

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今こそ深掘りしたい「オバマ大統領」。Netflixよりオリジナル映画配信

大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原題:『Barry』)が配信となる。

舞台は1981年のNY。のちの大統領は、はたしてどんな夢を見ていたのだろう。

「Change, Yes We Can!」の原点
若き日のオバマがNYで目にしたもの

今こそ深掘りしたい「オバマ大統領」。Netflixよりオリジナル映画配信

物語は、大学生生活を送っているオバマがコロンビア大学進学のため、西海岸からNYにやってきたところから始まる。犯罪が多発し、人種的な偏見が現在よりも色濃く残っていた大都市で、一人の青年が戸惑い、悪戦苦闘しながらも立ち向かう日々を描いたストーリー。

人種、文化、そしてアイデンティティと向き合う20歳の大学生Barry(オバマ)役は、オーストラリア出身の俳優デヴォン・テレルが演じる。ちなみに、原題の『Barry』は、クラスメートたちから呼ばれていたオバマの大学時代のニックネームだそう。今こそ深掘りしたい「オバマ大統領」。Netflixよりオリジナル映画配信今こそ深掘りしたい「オバマ大統領」。Netflixよりオリジナル映画配信今こそ深掘りしたい「オバマ大統領」。Netflixよりオリジナル映画配信今こそ深掘りしたい「オバマ大統領」。Netflixよりオリジナル映画配信

いま改めて、
人間“バラク・オバマ”を知る

ところで先の大統領選、高圧的で現実主義的な言動を周囲から叩かれるたびに、支持率を上げ、結果的にその座を射止めたドナルド・トランプ次期大統領。

そうしたものを見せられて、果たしてアメリカの、ひいては世界の今後はどうなる…?と、行く先の見えない明日を憂うような予測ばかりに、日本のメディアは終始しているような印象を受けてしまう。

もちろん当のアメリカだって、次期大統領への悲観的な見方がなくなった訳ではない。けれど、そればかりでもないようだ。メディアには最近になって、トランプよりも、ヒラリーよりも、やっぱりオバマは良かった、というような声も散見する。

退任まであとわずか…という今だからこそ、改めてオバマの8年間を振り返ってみる。アメリカ全世帯の1/3に普及していると言われるNetflixで、オバマのインディーズ映画が配信される背景も、きっと多くの人がその作業を求めているからに違いない。まあ、どちらにしても昨今は、ロードショーを気長に待っているような時代じゃないけどね。 

そういえば先日、2008年の大統領就任以来、写真を撮り続けてきたホワイトハウス付きのカメラマンが200万近いカットの中から厳選した、オバマの8年間をFlickr(ホワイトハウスのオフィシャルアカウント)に公開し、話題となった。

訪問先の小学校で子どもたちにおどけたり、集会で隣に座るミシェル夫人の手をずっと握っていたり、急な雨にずぶ濡れになりながらも演説を続ける姿がそこにあった。こちらも、にじみ出るオバマの“人間味”を垣間見た気がした。Licensed material used with permission by NETFLIX

関連記事リンク(外部サイト)

オバマ大統領「プレイリスト」を公開。運動中にアガる曲はコレ!
オバマ大統領、ホワイトハウスを出たあとの新居が決定
有給が好きなだけ取れる!NetflixやEvernote・・・仕組みとその実態とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。