ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

冬の乾燥対策に!室内の空気を正確にモニターする「Awair Glow」はコンセントに差し込むだけ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
awairglow_1テッカブルで以前紹介し、話題を呼んだ空気モニターツール「Awair」。その姉妹品となるデバイス「Awair Glow」が発売された。

任意のコンセントに差し込むだけで、空気中の毒素や化学物資を監視するという「Awair Glow」。温度や湿度、空気中に含まれる二酸化炭素や揮発性有機物質、塵のレベルを正確に測定し、専用のコンパニオンアプリにチャート化。測定結果をモニターしながら、空気環境の経緯もグラフ化する。この部分は、既製品の「Awair」と同様だ。

・照明や家電コンセントとしても利用可

awairglow_3そして、ここから先が本品独自の機能。アダプターのような外見からもわかるとおり、「Awair Glow」は他の家電品の電力供給にも利用できる。使用したい家電のコンセントをつなぐだけでOK。普通のコンセントと同じ感覚で使えばいい。加湿器や浄水器など、任意のデバイスを接続すると、自動的に適切な時間に電源が入る機能も備わっている。

本体に組み込まれたLEDの色によって、室内の空気レベルを判断することも可能。緑なら“Good”、黄色が“Fair”、赤であれば“Poor”な状態。詳細を知りたければ、アプリで確認。毒素や湿度など、現在の空気の質がどうなっているか、明確に数値化してくれる。子ども部屋や寝室の間接照明としても、活躍しそうだ。

・お手頃価格99ドルで提供中

awairglow_2世界的に有名な病院“Mayo Clinic”との連携による、情報提供も健在。部屋の空気改善に役立つ機器や健康を保つためのヒントが、多く掲載されている。「Awair」とセットで利用すれば、さらに便利なこと間違いなしだ。

アプリの対応は、今のところiOS版のみ。Android版は、近日公開される予定だ。定価は129ドル(約1万5000円)だが、今なら99ドル(約1万1700円)で購入できるとのこと。30日間の返品保証もついて、この値段はお得かも。

Awair Glow

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。