ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

年末『タモリのオールナイトニッポン』放送決定! 能町みね子と共に昭和の名曲&2016年を振り返る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
年末『タモリのオールナイトニッポン』放送決定! 能町みね子と共に昭和の名曲&2016年を振り返る

 ニッポン放送でタモリがパーソナリティを務めるニッポン放送『タモリのオールナイトニッポンGOLD Song&BOSS スペシャル』が、2016年12月30日午後10時~深夜0時まで放送される。

タモリ×能町みね子 写真

 タモリは1976年から7年間にわたり『オールナイトニッポン』でパーソナリティを務め、2015年6月には『タモリのオールナイトニッポンGOLD』に登場。同年末にも特番が放送され、大きな反響を呼んだ。それから約1年ぶりとなる今回の特別番組では、昨年に引き続き、能町みね子をパートナーに迎え、昭和の名曲と共に1年を振り返る。

 テーマは「タモリと2016年」。タモリはオープニングのひとりトークで、2014年3月末、32年間勤め上げた『森田一義アワー 笑っていいとも!』を終えてから「勤務体制が変わって忙しく」なったことを明かした。2016年は東京にいない日も多かったそうで、「新人時代を思い出しています」とのこと。

 その後、芸能生活40周年のメモリアルイヤーを迎えたことについて、「メモリアルイヤーとかお嫌いなんですよね?」と能町に聞かれると「そうなんだよ」と返答。芸能人としての正式デビューは昭和51年の『チャンネル泥棒!快感ギャグ番組!空飛ぶモンティ・パイソン』(現テレビ東京)と言われているが、本人は記憶が曖昧らしく「40周年ぐらいだね」と苦笑い。その後、スタッフから「行く年を惜しむ感じも出してください」という指令を受けると、「40年やってるんだから、やろうと思えばできる。やればできるんだよ!」と力強く言い放った。

 2015年末に放送された同番組も“1年振り返り企画”だったにも関わらず、9月までしか振り返ることができず、”企画倒れ!?”との声も上がったが、この放送は「第53回ギャラクシー賞 ラジオ部門 奨励賞」を受賞。タモリは「(今回の放送でも)教養を散りばめていきますよ」とニヤリ。鉄道ネタから”森田一義少年”の思い出話のほか、永六輔にへの感謝を伝えるシーンなどもあり、幕を閉じてみれば11月まで到達。それでも実は、6、8、10月がカットされたため、2年連続企画倒れの疑いを掛けられそうだが、「上出来でしょ!?」と満足げに2時間の収録を終えた。

◎タモリ独占インタビュー
――まずは収録を終えてみて、いかがでしたか?
「みねちゃん(能町みね子)とは知り合いだから、今年も楽しかったね。安心して話せるからね」
――しかし、6、8、10月を飛ばしており、2年連続企画倒れと言われそうですが?
「そうだね。企画倒れだね(笑)。でも、11月まで行ったから今度は『ギャラクシー賞』大賞行けるんじゃない?」
――ことし、タモリさんにとって、もっとも印象的だった芸能ニュースはありますか?
「本当に芸能ニュースに興味がなくて全然知らないんだよなあ……」
――昨年はピース又吉さんに芥川賞受賞の賞賛を送りましたが、今年は相方の綾部さんがいよいよ渡米を発表しましたね。
「そうだったのか、知らなかった! 綾部は何を勘違いしているのかな(笑)1日も早く帰って来い!」
―― 2016年は大忙しの1年だったということですが、今年を漢字1文字で表すとすると?
「『飛』だね。飛行機の『飛』。(高所が苦手なので)飛行機は乗ると緊張の連続だけど(笑)」

◎ラジオ放送情報
『タモリのオールナイトニッポンGOLD Song&BOSS スペシャル』
2016年12月30日(金) 午後10時~深夜0時
ニッポン放送をキーステーションに全国19局ネット
パーソナリティ:タモリ
パートナー:能町みね子

関連記事リンク(外部サイト)

みうらじゅん『タモリ倶楽部』で紹介の“シンスブーム”SHINCO(スチャダラパー)とのコラボ楽曲としてリリース
ピコ太郎が『Mステ』出演、PPAP「ロング」バージョン披露にタモリも思わず替え歌で応戦
PUFFY【PAPAPAPA PARTY 2016】MINMI/久保ミツロウ/能町みね子/山内総一郎(フジファブリック)ら出演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。