ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

きゃりーぱみゅぱみゅのアートワーク展が遂にスタート! 内覧会にきゃりーとアートディレクターが登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
きゃりーぱみゅぱみゅのアートワーク展が遂にスタート! 内覧会にきゃりーとアートディレクターが登場

 きゃりーぱみゅぱみゅのアートワーク展【KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016】が、2016年12月16日~25日まで東京・ラフォーレミュージアム原宿にて開催されるが、15日に行われたメディア内覧会にきゃりーとアートディレクターを務めてきたSTEVE NAKAMURAが登場した。

きゃりーぱみゅぱみゅ アートワーク展写真

 この展示は、デビュー5周年のアニバーサリーイヤーを記念して開催。これまでリリースされた全18タイトルのCDジャケットデザインをはじめ、CDアルバムに付属のフォトブックから未公開画像を含む約100点以上の作品や、CDジャケットで本人が着用したコスチューム、ウィッグが一挙に展示されるほか、ジャケット写真が動き始めるインタラティブな体験スペースも設置される。

 内覧会では、きゃりーがこれまでのアート作品を振り返り、「初期作品の自分を見ると、目が凄くとんがっている印象を受けました。最新のアートワークは、表情が丸くなっている気がしますね」と激白。一番印象に残っている作品については、デビューミニアルバムで「ミュージック・ジャケット大賞2012」にも輝いた『もしもし原宿』を挙げ、「原宿で大きな広告になったとき、見た人から怖い! 気持ち悪い!と言われましたが、しめしめ、と思いました(笑)。ビジュアルが目にとまり、どんな音楽かな?と興味を持ってもらえたので良かったです」と語った。

 トークセッションでは、NAKAMURAが今回の展示物について、「CDジャケットだった作品を、今回の展示のために1m~3mのサイズに引き延ばしてみたのですが、大きくして見たとき、こんなに細かいところまでこだわって作っていたんだなと改めて思いました」とコメントした。

 アートワーク展会場では、過去のフォトブックの未公開画像、企画書や撮影中のオフショットなどを含む、約300点の作品を掲載したビジュアルブックを販売。また、アートワーク展会場とKPP WEB STOREでは、特性ブックカバー付きスペシャルパッケージのビジュアルブックが12月16日より数量限定販売される。

写真:Yasushi Mori

◎展示情報
アートワーク展【KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016】
2016年12月16日(金)~25日(日)東京・ラフォーレミュージアム原宿
営業時間:11:00~21:00(12/25は18時まで)
※混雑状況によってはご入場いただけない場合がございます。
入場料:800円(未就学児無料)
主催:アソビシステム株式会社/株式会社ワーナーミュジック・ジャパン

<ビジュアルブック>
『KYARY PAMYU PAMYU ARTWORKS 2011-2016 STEVE NAKAMURA』
著者名:STEVE NAKAMURA(スティーブ・ナカムラ)
発行:誠文堂新光社 編集:アイデア編集部
通常版:2,800円(tax out.)※初回生産分限定はオリジナルステッカーシート付
特製ブックカバー付スペシャルパッケージ:3,300円(tax out.)※数量限定
※仕様、本体価格については一部変更の可能性がごさいます。
サイズ:B5変形(240X170)、並製 
ページ数:272

関連記事リンク(外部サイト)

きゃりーぱみゅぱみゅがスティーヴィー・ワンダーらと対面! 自身の楽曲起用の『SING/シング』ワールドプレミアに登場
中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ【YSTK×KPP】ファイナル公演で新曲「原宿いやほい」も初披露
きゃりーぱみゅぱみゅ 初のアートワーク展開催! 未公開画像含むフォトブック発売も決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。