ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

名建築&名物風呂を楽しめる温泉宿

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

名建築&名物風呂を楽しめる温泉宿
J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「J’S RESEARCH」。12月15日(木)のオンエアでは、「名建築が楽しめる温泉宿」をテーマに、温泉研究家で、ご自身が一級建築士でもある郡司勇さんにお話を伺いました。

今回、「名建築が楽しめる温泉宿、どこに行ってみたい?」をテーマに、J-WAVEの会員サイトJ-meを通じて3,251名(有効回答数)のリスナーにアンケート調査を行ったところ、「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルという噂もある、長野県山ノ内町、渋温泉にある「歴史の宿 金具屋」が1位になりました。

映画の人気も後押ししたかもしれませんが、ここは国の登録文化財も楽しむことができる老舗の温泉宿です。名建築だけでなく250年以上の歴史を感じることができる、そんな別世界の雰囲気が魅力。2位は、神奈川県箱根町・宮ノ下温泉 「富士屋ホテル」、3位は、福島県会津若松市・会津東山温泉 「向瀧」となりました。

このアンケート結果に郡司さんも「1位は順当だと思います」と太鼓判。「存在感のある木造4階建ての斉月楼という建物があり、鎌倉時代の昔の建物のような鎌倉風呂がとっても良いです。2位の富士屋さんは花御殿が和洋折衷でレストランも素晴らしい。3位の向瀧さんは、登録有形文化財第一号に登録された木造建築です」(郡司さん、以下同)と、建築物の観点からの見どころも教えてくれました。

さらに、日本全国の温泉宿を巡っている郡司さんに「ここの建築はすごい!」という温泉宿を挙げていただきました。それが、鳥取県・三朝温泉「旅館大橋」。「100メートルにわたって有形文化財の建物が川に沿って建てられていて、湯船自体が源泉になっているお風呂が3つもあり、湧出を感じながら新鮮なお湯を堪能することができます」とのこと。

そして、「名建築」と「泉質」「環境」「食」をバランス良く楽しめる温泉宿は、長野県・別所温泉「花屋」。「外観がお城のような白亜の御殿で、中は数寄屋造り。食事も非常においしいです。泉質は単純硫黄泉で、ほのかに硫黄のにおいがして肌ざわりがツルツルするお湯です」とのことです。

また、名建築の温泉宿をより楽しむ方法として、各地の旅館にある歴史ある名物風呂を巡るのもおすすめだそうです。金具屋の「鎌倉風呂」、四万温泉の積善館には「元禄の湯」、修善寺の新井旅館には「天平大浴堂」、湯田中温泉のよろづやは「桃山風呂」…と、文化財に指定されたお風呂があり、各地域の名物風呂に注目しながら贅沢な時間を過ごすのも良いですね♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。