体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

出会いは最悪だった!? 鈴木敏夫VS石井朋彦 アニメ界の大物「仕掛け人」師弟が公開トーク

生活・趣味

​ スタジオジブリの名プロデューサーである鈴木敏夫さんと、株式会社クラフター取締役の石井朋彦さんが12月6日(火)、トークイベントを行った。なお、このイベントはライブ配信サービスのLINE LIVEにてリアルタイム配信された。

 2016年6月に著書『ジブリの仲間たち』(新潮新書)を刊行した鈴木敏夫さんといえば、元編集者にしてスタジオジブリの名プロデューサー。その手腕でジブリを世界的な存在へと押し上げ、ジャパニメーションの世界進出に貢献した日本アニメ界のレジェンドだ。

 その対談相手となったのは、初の著書『自分を捨てる仕事術 鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド』(WAVE出版)で注目を集める石井朋彦さん。スタジオジブリ時代に鈴木さんのもとで仕事を学び、ジブリ退社後もアニメ制作会社Production I.Gにて多数の作品を企画・プロデュースするなど、今も偉大な師の背中を追いかけ続けている。

 長年に渡り、宮崎駿さんのパートナーとして常に第一線で活躍を続ける名プロデューサー・鈴木敏夫さん。その愛弟子であり『スカイ・クロラ』『東のエデン』などの話題作を手がけてきた石井朋彦さん。アニメ界を代表する「仕掛け人」師弟は、どのような話を聞かせてくれたのだろうか。

******

 公開対談イベントの会場となった新宿区のDNPプラザには、開場前から多数のファンが詰めかけ、大入り満員。鈴木さんと石井さんは、割れんばかりの盛大な拍手に迎えられて会場入りした。

 冒頭、鈴木さんが「今回のイベントの主役は石井さんである」と語り、今回は『自分を捨てる仕事術 鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」』についてトークを展開すると宣言した。とはいえ同書は、鈴木さんからのアドバイスを記録した膨大な量のメモを整理してまとめたもの。弟子が師の教えを書き記した『論語』的な側面が強い一冊となっているため、必然的に鈴木さん、そしてジブリの方々にまつわるエピソードが中心となった。

01.jpg

■石井さんと鈴木さんの出会い~初対面で口論に

 石井さんと鈴木さんの最初の出会いは、ジブリの採用面接。『となりの山田くん』制作時に、ジブリの中途採用に応募した石井さんは、およそ数百倍という難関をくぐり抜け最終面接にこぎつけるが、そこに立ちはだかったのが鈴木さんだったのだとか。自己アピールを片っ端から否定され、腹を立てた石井さんは次第にヒートアップ。面接終了後に「これは落ちたなあ」と落胆していたところ、採用通知が届いたのだそうだ。

 一方、鈴木さんが石井さんを気にかけるようになったのは、しばらく後のこと。石井さんが、ジブリに制作進行として入社して3~4ヶ月経った頃だったようだ。当時の制作部長から「石井は皆と上手くやっていけない。鈴木が下に引き取るか、クビか。選択肢は2つ」と言われた鈴木さんは、仕方なく石井さんの教育係になったのだそうだ。

 これに対し石井さんは「200パーセント事実です」「当時は世界が間違っていて、僕が正しいと思っていたんです。周りはたまったもんじゃないですよね」と苦笑していた。

■鈴木再生工場~石井さんの再教育

1 2 3 4次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会