ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

在庫リスク&制作費ゼロでCD販売ができる『Amazon Disc on Demand』受託サービス提供スタート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

チューンコアジャパン株式会社が、Amazon.co.jpの『Amazon Disc on Demand』の利用をアーティストから受託するサービスをスタートした。
『Amazon Disc on Demand』 (okmusic UP's)
『Amazon Disc on Demand』では、TuneCore Japanの利用者であるアーティストが、通常のデジタル配信に必要な情報に加えてCDに必要なパッケージ画像データなどを追加するだけで、CD在庫を持たず、製作費もかからず、AmazonでCDの販売が可能となる。

また、今回の対象リリースはTuneCore Japanを利用してデジタル配信をしている作品が対象のため、初期登録料は不要。費用面での負担もなくなる。

『Amazon Disc on Demand』の仕組みを利用することで、カスタマーの注文に応じて一枚からCDを生産し、即時に出荷することができ、従来の見込み生産や流通により発生する在庫リスクを抑えることが可能に。

さらに、今までCD販売開始までに数ヶ月を要していた期間を、最短で7日間に短縮することも可能となった。販売実績や収益のレポートも今まで通りTuneCore Japanサイト上で確認、管理ができ、パソコン一つで全てが完結。販売されたCDは通常のCD同様にオリコンランキングなどの対象となる。

また今回を機に、両社でピックアップアーティストを選抜し、Amazonの中で特集ページを展開してアーティストプロモーションを随時更新。第一弾のアーティストは、スキーウィッフ、アレクシア・コーリー、スーパソウル、スムーヴ&ターレル、ローラ・ヴェイン&ザ・ヴァイパートーンズ、アル・スーパーソニック&ザ・ティーンエイジャーズ、erica、Ryo、macoto、とけた電球、無礼MENが参加する。

気になる方はぜひ一度サービスを利用してみてはいかがだろうか。

■ピックアップアーティスト特集ページ

https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=4749312051

【ピックアップアーティストの紹介】
■Funky Drivin’ BGM / V.A.(スキーウィッフほか)

Honda “STEP WGN Modulo X”のCMのBGM楽曲や、キリンビバレッジ “FIRE SUGOUMA”CM曲など日本でも活躍するUKを代表するブレイクビーツの旗手、スキーウィッフを中心に、UKファンクのキング、クレイグ・チャールズも大絶賛のソウルディーバ、アレクシア・コーリー他、スーパソウル、スムーヴ&ターレルなどUK、ヨーロッパを中心に活躍するアーティストの極上のブレイク・ファンクばかりを集めたコンピレーション!

■erica「erica Core Selection」

「片思い」や「告白」といった切ない気持ちを歌った歌詞と、高い歌唱力で「告うたのカリスマ」として女子中高生を中心に支持を集めるシンガーソングライターerica。代表曲である「あなたへ贈る歌」は口コミだけでYouTube再生回数1600万回、総再生回数としては4,000万回を超え新世代のソーシャル型アーティストとして大きく注目されている。

■Ryo「HOMARE」

DEENのボーカル池森秀一を叔父に持ち、生まれ持ったその歌声と、幼少の頃より恵まれた音楽環境の中で培われたボーカリストとしての天賦の才能を合わせ持つRyo (リョウ) 。少年時代から野球を通じて育んできた夢・希望・仲間を大切にする気持ちを歌う「HOMARE」は辛い時も前を向く勇気をくれるメッセージソングでBS-TBS侍ジャパン(U-18他)中継テーマソングや、スポーツ関係のタイアップが多数決定している。

■macoto「『0』-ZERO-」

数々のストリーミング配信サイトで活躍する多才なアーティストで人気ストリーミング配信者のmacotoがついに公式CDデビュー!!「ストリーミング界の真のエンターテイナー、萌え声の女王『macoto』が初のシングル作品『0』-ZERO-をリリースする。彼女の選抜したサウンドクリエータチーム「stz」が、天使のような歌声と切なく優しく、心落ち着くアンビエント調なポストロックサウンドとして完成させた作品。

■とけた電球「また今度ね Special Edition」

現役大学生男子4ピース。2012年5月結成。「閃光ライオット2013」で注目を集める。80年代のニューウェイブ、90年代の渋谷系などを彷彿させるようなサウンドでありながら、歌を軸に置いたポップミュージックであることを大事にしている。

■無礼MEN「無礼トショウvol.1」

“オラオラポップ”を標榜するファンクポップバンド「無礼メン」(ぶれいメン)。2015年1月1日結成。個性的なキャラクターを持つ6人のメンバーは、20代前半とは思えない抜群の演奏力でそれぞれセッションミュージシャンとしても活躍中。

『Amazon Disc on Demand』 (okmusic UP's)
TuneCore Japan ロゴ (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。