ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

まるで巨大なiPhone!? タッチスクリーンに変わる鏡で身支度から動画鑑賞まで

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

シンプルかつ機能的な部屋にしたい。年末大掃除のこの季節、モノで溢れた部屋を見渡し、ハアとため息をつきながらそう考えている人もいるかもしれない。

今日はシンプルライフを実現してくれそうな、スマートな全身鏡『Apple Mirror』を紹介したい。鏡としての機能はもちろん、天気予報やメールのチェック、音楽鑑賞に電気のオンオフまでできる優れものだ。

・全身鏡がスマートタッチスクリーンに早変わり

ニューヨークを拠点に活動するデザイナーのRafael Dymek氏が、Appleの革新的な製品に感銘を受け個人で作ったという『Apple Mirror』は、スマートタッチスクリーンに早変わりする全身鏡だ。

見た目は黒のフレームで囲われたシンプルな鏡だが、iOS10を搭載しており、一箇所触るとまるで巨大なiPhoneが登場したかのように、iPhoneユーザーおなじみのアプリが出てくる。

左上には5日分の天気予報と気温、右上には時刻。そしてその下にアプリが並ぶ。アプリの配置はフリックで自在に変えられる。45秒間使用しないと鏡はスリープ状態になり、また普通の全身鏡へと戻るという仕組みだ。

・SNSもNetflixもこれ一つで

動画では使い方のデモンストレーションが行われている。たとえばFacebookメッセンジャーで最新のメッセージを確認したり、音楽系のアプリを開きボリュームを調整しながら好きな曲を流したり。専用アプリを使えば電気のオンオフだってできる。

ニュース系のアプリを立ち上げて情報収集や、夜にのんびりとNetflixで動画の続きを楽しむことも。使い方は自由自在だ。

・販売予定はなし?

Apple MirrorはApple公式製品ではなく、Rafael氏の個人プロジェクトにつき、「商用目的ではない」としている。となると、残念ながら販売予定はなさそうだ。便利そうなApple Mirror、いつか商品化されると良いのだが……。

Apple Mirror

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。