体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

esaはどうやって生まれたの?わかばちゃんが行くオフィス訪問マンガ

esaオフィスにおじゃましてきました!



チームのためのドキュメントサービス 「esa」

esaは、「情報を育てたい」という観点で作られた情報共有ツールです。

esaを使ってみる

マークダウンで書くだけで、体裁が整います。
左の窓にマークダウンで書いていくと、右の窓にリアルタイムプレビューされます。
タイトルをスラッシュで区切るだけで、自在にドキュメントを階層化できるので、効率的です。

書いたドキュメントはチーム内にはもちろん、必要に応じて一部を外部に公開することもできます。

esaの「トリ」がかわいい

トリのなんとも言えないかわいさにハートを撃ち抜かれる人が続出。
こちらはオフィスに置いてあったクッションです。

赤塚さんが着用していたTシャツもトリでした。

esaグッズSHOPに多数グッズがあるので、「トリかわいい」と思った方はぜひのぞいてみてくださいね。

esaはどうやって生まれたの?

深谷さんは、もともと会社で使っていた情報共有ツールに対して、使いづらさを感じたそうです。
そこで「自分で作ろう!」と思い立ち、自前で情報共有ツールを作りました。
その後、「デザイナー向けプログラム部 #p4d」というハッカソンで、Webデザイナーの赤塚さんと共同で何か作ることになり、自前の情報共有ツールをベースにesaができたのです。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。