ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

子どもを産むまで盲点でした! デイリーお出かけにうってつけの場所が近所の◯◯に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20161213212709j:plain

育児を始めてから知った、チェックしてみるべき意外な場所。

私の場合、それが百貨店やショッピングセンターなどの“屋上”でした。

先輩ママさんたちからすると当たり前のお出かけスポットかもしれませんが、私は子どもができるまで、ほとんど屋上という場所へ行ったことがなかったのです。

今考えると、もっとアンテナを張っておいてもよかったかも。

多分、出産前は、夏は「暑そう」、冬は「寒そう」と無意識のうちに避けていたのでしょう。

唯一、自宅から一番近いショッピングセンターの屋上だけは、子連れに優しいスポットとして有名で、よく行くフロアから見えるため、雰囲気を知っていましたが、それ以外の場所では「屋上を見に行ってみよう」と思うことすらありませんでした。 関連記事:外食に行くと毎回大泣きする長女。初めて笑顔で楽しめたのは飛行機が見えるレストラン

それが、息子と一緒に元住居・現職場である部屋に連泊することになったある日のこと。

仕事のない日に、息子をどこかに連れて行ってあげようと、近くの遊び場を検索していると、最寄り駅にあるショッピングセンターがヒットしたのです。しかも、わりと高評価。

「あれ? あそこにキッズスペースなんてあったっけ?」

不思議に思ってよく見てみると、屋上が広場になっていて、遊具やバーベキューテラスがあるとのこと!

早速行ってみると……気持ちのいい空間に、滑り台やトンネルなど、1歳の息子が喜びそうな遊具がいっぱい!

テーブルやベンチや軽食販売なども充実していて、休憩したりランチしたりしている親子もたくさんいます。

私たちも、遊具で遊び、広場を駆け回り、おにぎりを食べて、屋上を満喫。

そして、楽しそうな息子と、「ママがお仕事のたびにここに来ようね」と約束。

身近にこんなにいい場所があったとは……独身時代、何年も住んでいたというのにまったく知りませんでした!

それから、ことあるごとに縁ある場所の屋上をチェックするようになった私。

自宅の近くのショッピングセンターの屋上は、夏に噴水で水遊びができたり、歌やダンスのイベントも開催されていたりと、やはりファミリーに大人気。

他にも、高校時代まで住んでいた実家の近くの百貨店の屋上は芝生がキレイ、とか、独身時代によく買い物をしていた駅ビルの屋上からは息子の大好きな電車が見える、とか、それぞれ個性があって面白いです。

ついでに、屋上で遊べば、息子がお昼寝を始めた途端、すぐに自分のお茶や買い物の時間にシフトできるというのも嬉しいポイント(笑)。

そういえば、私が子どもの頃は、百貨店の屋上には硬貨を入れて遊べるゲームや乗り物があって、ミニ遊園地みたいになっていたところも多かったなぁ……と、懐かしく思い出します。

最近はそういう屋上は少なくなっているような気がするのですが、大人には何もないように見えても、ただただ広かったりちょっとした階段やスロープがあったりするだけで、子どもの目には楽しい遊び場に映っているんですよね。

息子との生活は発見の連続。

もちろん、夏は暑く冬は寒く、UV&防寒対策は必須ですが(笑)、これからもあちこちの屋上へのお出かけを楽しみたいと思っています。 この記事を書いた「cosmic」さんの過去記事:電車好きの息子とのお出かけコースあれこれ。自分にも新しい世界が広がった!

f:id:akasuguope02:20150806111901j:plain

著者:cosmic

年齢:37歳

子どもの年齢:1歳8ヶ月

フリーライター。女性誌やWEBなどで執筆。遠距離結婚生活を経て、2015年に長男を出産。“東京で仕事”と“関西で育児”、両方の暮らしを楽しむのがマイテーマ。目下、知らないことだらけのベビーワールドをキョロキョロ探検中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「こんなに大きいのにベビーカーなんて!」1歳1ヶ月で知らないおばあさんに言われたショックなこと by 内野こめこ
動きたい盛りの娘、正月帰省の移動が不安…。そんな時のキラーアイテムはシール!
初めてのベビ連れスーパー。ギャン泣きに困り果てた私を救ってくれたのは「先輩」

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。