体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

建築の聖地「メム メドウズ」を訪ねて[後編] 夏にはグランピングも

建築の聖地「メム メドウズ」を訪ねて[後編] 夏にはグランピングも

前編では“建築の聖地”として、メム メドウズにあるリノベーションした建物や実験住宅について紹介したが、後編ではこの施設で行われている活動に着目したい。昨年より新しい動きが起こり、人々が集う特別な場が生まれている。

地域に開かれた場に変わりつつあるメム メドウズ。ワークショップスタジオがオープン

メム メドウズがこれまでメインで取り組んできたプロジェクトは、今年で第6回目となる世界各国の大学が参加する「LIXIL国際大学建築コンペ」だ。コンファレンス・センターでは審査員によるシンポジウムが行われたり、最優秀賞を受賞した大学の学生らが、その建設で施工に立ち会うために数カ月間滞在することもある。

これまでこうした建築分野に携わる専門家を中心として使われてきた施設だったが、いま変化のときを迎えている。

その一つが、建築家の伊東豊雄さんが手掛けたワークショップスタジオ、スタジオ メムの完成だ。築40年以上経過した牧草保管用倉庫を当時の雰囲気そのままに、ワークショップを行う施設として改修。昨夏に完成し行われた記念イベントは、これからの建築を考えるための新しい教育の場として設立された伊東建築塾のワークショップだった。以後、定期的にこの塾のプログラムが行われ、今年の6月には、子どもに向けた家具づくりのワークショップも開かれた。4日間かけて子どもたちが椅子や机をつくり、完成した作品は、このスタジオのほか地元の道の駅にも設置。人々に利用されているという。【画像1】スタジオ メム。内部は広々とした空間となっており、多彩なイベントが開催できる。充実したキッチンの設備もあり、料理ワークショップが行われることも(画像提供/LIXIL住生活財団 (C)Kai Nakamura)

【画像1】スタジオ メム。内部は広々とした空間となっており、多彩なイベントが開催できる。充実したキッチンの設備もあり、料理ワークショップが行われることも(画像提供/LIXIL住生活財団 (C)Kai Nakamura)

日常では味わえない大自然の息吹を感じる、MEMU EARTH HOTEL

今年の8月から10月にかけて、この場で新たな取り組みも始まった。放送作家の小山薫堂さんが社長を務めるオレンジ・アンド・パートナーズの企画によるグランピングという贅沢なキャンプが楽しめるMEMU EARTH HOTELのオープンだ。3つの宿泊プランがあり、大型テントによる滞在のほか、「天井のないホテル」という牧草地のなかにベッドだけが置かれたプランもあるなど、地球との一体感を味わうためのアイデアがつまった場となった。また、ディナーにもこだわり、放牧豚として有名な「どろぶた」など地元食材をふんだんに使い、西麻布のレストランHOUSEのシェフが料理を監修。宿泊者自身が大自然のなかで調理に参加するというスタイルがとられた。【画像2】2016年、MEMU EARTH HOTELは3カ月限定でオープン。1日5組の受け入れで宿泊代金は大人3万2400円〜。来年の実施は検討中(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】2016年、MEMU EARTH HOTELは3カ月限定でオープン。1日5組の受け入れで宿泊代金は大人3万2400円〜。来年の実施は検討中(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

地元の高校生に向けて、実験住宅を活用した授業も実施

ワークショップスタジオのオープンとMEMU EARTH HOTELの取り組みに加え、地元の人々に向けた試みも始まっている。昨年9月に、地元の大樹高校の生徒と京都大学・神戸大学の学生との学習交流会が行われた。大学生と高校生がチームを組み、メム メドウズの実験住宅から各自で研究テーマを選び、調査を実施。その結果をプレゼンテーションするというプログラムだ。京都や神戸の大学生と接する機会がほとんどない地元の高校生にとって、大いに刺激を受ける交流会となったにちがいない。今年11月には、メム メドウズから調査の場所を大樹高校に移し、2つの大学とのコラボレーションが継続中だ。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。