ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ボルテージ、TGS 2016で話題となったVRアプリ「椅子ドン VR ~一ノ宮英介編~」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ボルテージは 12 月 15 日、東京ゲームショウ 2016 で話題となった恋愛ドラマ系 VR アプリ「椅子ドン VR ~一ノ宮英介編~」を Google Play ストアで一般公開しました。価格は 400 円です。「椅子ドン VR」は、恋愛ドラマアプリ「スイートルームで悪戯なキス」のワンシーンを VR 映像で体験できるアプリで、立体視できる「VR モード」とスマートフォン単体で利用できる「かざしモード」の 2 通りで楽しむことができます。アプリの中でユーザーは、同アプリのイケメンキャラクター「一ノ宮英介」と実際にやり取りしているかのような体験ができます。おそらく、「スイートルームで悪戯なキス」のファンの方ならドキドキ感があって楽しめるかと思いますが、400 円もする有料アプリなのにシーンはかなり短いのでご注意ください。また、インストールできる機種も限られています。「スイートルームで悪戯なキス」(Google Play)

■関連記事
Googleの「フォトスキャン」アプリでスキャン時の解像度が向上
Xperia XAの後継か?謎のXperia端末の画像が出回る
Android版「Microsoft Translator」に最大100人と言葉を翻訳しながら会話できる新機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。