ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソムリエが選ぶ「クラシックアワード2016」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソムリエが選ぶ「クラシックアワード2016」
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING CLASSIC」。今週は、クラシックシーンの2016年を「クラシックソムリエ協会」理事の田中泰さんと振り返る「クラシックアワード2016」を4日間にわたってお届けしました。

最終日となる12月15日(木)オンエアは「アルバム・オブ・ジ・イヤー」を発表! 田中さんが選んだのはセルビア出身のバイオリニスト、ネマニャ・ラドゥロヴィチの「BACH」でした。

「彼の手にかかれば、聴き慣れたバッハの名曲も、新たな命を吹き込まれたかのような新鮮さ。そして、ネマニャのバイオリンは鋭いサーベルのようです。オリジナルはもちろん、トッカータやフーガなどの編曲作品も面白さ抜群です」という田中さんは、何度も聴いたそうです。放送では、ネマニャ・ラドゥロヴィチとドゥーブル・サンズの演奏で、バッハのヴァイオリン、弦楽合奏と通奏低音のための協奏曲第1番イ短調の第1楽章をお届けしました。

そのほか、今週発表した各部門の作品は次の通りです。

12日(月)は「メモリアル・オブ・ジ・イヤー作曲家編」。田中さんが選んだのは、今年没後20年を迎え、その価値を改めて認識させてくれたという武満徹さん。放送では、「武満徹:SONGS」の中から「明日ハ晴レカナ、曇リカナ」を小室等さんの歌でお届けしました。

13日(火)は「メモリアル・オブ・ジ・イヤー“劇作家”編」。田中さんは、没後400年のイギリスの劇作家シェイクスピアを選びました。ディアナ・ダムラウの歌と、ミュンヘン放送管弦楽団と合唱団の演奏で、グノーのオペラ「ロミオとジュリエット」から「ああ! 私は夢に生きたい」をお届けしました。

14日(水)は「コンサート・オブ・ジ・イヤー」。田中さんが今年最も印象に残った演奏者は、ピアニストの清水和音さん。清水和音さんのピアノで、ベートーヴェンのピアノソナタ第23番ヘ短調作品57「熱情」の最終楽章フィナーレをお届けしました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時ー9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。