体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

昭和レトロな蕎麦屋が古民家カフェに!地域の人に愛され続ける「蓮月」

昭和レトロな蕎麦屋が古民家カフェに!地域の人に愛され続ける「蓮月」

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

今回は、東京大田区池上にある古民家カフェ蓮月にお邪魔しました。

昭和の名残ある蕎麦屋をカフェへ。レトロで落ち着く大田区池上にある「蓮月」
地元ということもあって、前から気になっていた古民家。前は、地域の人に愛されているお蕎麦屋さんでした。大将がご高齢で納得のいくそばが打てなくなり、地域の人に惜しまれながらも閉店。昭和初期に建てられたこの家を地域の人々が残したいという思いでプロジェクト化し、カフェにすることに。それでは、早速店内をのぞいてみましょう!

昭和の名残ある蕎麦屋をカフェへ。レトロで落ち着く大田区池上にある「蓮月」
結構広い! 実はここ、小泉今日子さんと二階堂ふみさん主演の映画「ふきげんな過去」のロケ地でもあります。

昭和の名残ある蕎麦屋をカフェへ。レトロで落ち着く大田区池上にある「蓮月」
でも入り口付近のテーブルは、ちゃんとお蕎麦屋さんの雰囲気が残ってるところもいい。ザ昭和に憧れがある私は、昭和の雰囲気というか名残、もしくはそういう演出がされた空間って私は好きです。タイムスリップした気持ちになるっていうか。

昭和の名残ある蕎麦屋をカフェへ。レトロで落ち着く大田区池上にある「蓮月」
店内にはカウンター席も。そして、奥に進んで行くと・・・。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
絶景が眺められるカフェや古民家カフェなど。八丈島のおすすめカフェ3選
【北鎌倉】地元の人に愛される。居心地抜群の古民家カフェミンカ
【長野】100年前のカレーライスが食べられる!古民家カフェでランチ

昭和の名残ある蕎麦屋をカフェへ。レトロで落ち着く大田区池上にある「蓮月」
お庭が眺められる縁側の登場です!

昭和の名残ある蕎麦屋をカフェへ。レトロで落ち着く大田区池上にある「蓮月」
なんといっても縁側からの風がすごく気持ちよかった!!!

昭和の名残ある蕎麦屋をカフェへ。レトロで落ち着く大田区池上にある「蓮月」
他にはソファ席もあったりして落ち着いた雰囲気がありました。いいかんじにリノベーションされてて、席と席の間も広く居心地がいい。オーナーの輪島さんは「家を作るようにカフェを作った」とのこと。確かに、普通のカフェってお家なわけじゃないけど、古民家ってお家を改造してお店にしているわけだから、お家みたいな雰囲気が一番いいですよね。

昭和の名残ある蕎麦屋をカフェへ。レトロで落ち着く大田区池上にある「蓮月」
ちなみにお蕎麦屋さんだったのは、写真中央にある観葉植物まで。観葉植物からカウンター席はご自宅だったみたいです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会