ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

クラリネットの買取り前に知っておきたいこと&買取相場情報

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

クラリネットを買取してほしいと考えてはいるものの、どこで売ればいいのかわからない。買取相場はどれくらいなのか?など、クラリネットを売る前に見ておきたい、買取相場のこと、買取店のことなど買取に関する情報を伝授します。楽器はなかなか買取してもらう機会が少ないと思うので、周囲の人からクラリネットの情報を得られないという時に参考にしてください。

クラリネットを売ろうか迷っている方へ

null

木管楽器の一種である、クラリネット。学校の部活動であったり、趣味で楽しむ人の中でも、クラリネットは比較的人気の高い楽器です。滅多に買取をしてもらうことなどない楽器類ですが、今新しいモデルの買い替えや、演奏しなくなったから売りたいと考えている方に、おすすめの買取店や買取価格など、クラリネットを買取してもらう方法についてまとめてご紹介します。

クラリネットの買取価格の相場をご紹介

null

(※いずれも2016/12/6時点の買取価格)

YAMAHA 買取価格9,000~250,000円
CRAMPON 買取価格20,000~250,000円
KAWAI 買取価格28,000~96,000円
JUPITER 買取価格20,000~74,000円
J・MICHAEL 買取価格10,000~54,000円
MARCATO 買取価格10,000~20,000円
SELMER 買取価格64,000~189,000円
LEBLANC 買取価格33,000~209,000円
NORMANDY 買取価格10,000~50,000円
SELMER 買取価格80,000~100,000円
VITO 買取価格30,000~90,000円

クラリネットの査定基準とは

null

壊れていないかどうか

スムーズに音が出る状態であるかどうかをチェックします。不具合がある場合、買取店の中に修理機関が整っているお店であれば、減額ポイントにはなりますが買取してもらえることもあります。しかし、買取店によっては、壊れているクラリネットは買取してもらえない場合もあるので、諦めずにいくつかの店で査定をしてもらいましょう。

付属品があるかどうか

説明書、専用のケースなど、購入した際に付属していたものがどれだけ揃っているかどうかを確認していきます。不足している分に関しては、買取の相場とされる額から減額ポイントになります。ちなみに、見積もり査定額を出してもらう際には、不足している付属品に関して詳しく伝えておく必要があるので覚えておくと安心です。先に伝えておかなければ、最終的な買取段階にきて、減額が告げられることもあるので要注意。

クラリネットを高く売るためのポイント

null

クリーニングをしてから売る

汚れているクラリネットよりは、綺麗に手入れが行き届いたクラリネットの方が高く買取してもらうことが可能です。査定をしてもらう前には、必ずピカピカに磨いてから査定をしてもらいましょう。綺麗なだけで、大切にされてきたということが伝わり、楽器の専門店では高額査定になることもあります。

付属品類も一緒に売る

クラリネットを売る時は、保証書や説明書の他、クラリネットが入っていたケースもまとめて買取してくれます。特にぴったりサイズが合うものや同じメーカーのものなどであれば価値は高く、高価買取になる可能性は大です。本体を売る時は、付属品も一緒に査定をしてもらいましょう。

クラリネット買取におすすめの店2選

中古楽器堂

null中古楽器堂のホームページへ

特徴
楽器買取の専門店、中古楽器堂。さまざまな種類の楽器買取が可能であり、クラリネットもメーカーを問わず高価買取してもらうことが可能です。買取方法が宅配買取、出張買取、店頭買取と3種類の買取方法から選択できるので、自分に合った買取方法を選べる点も魅力です。宅配買取に関しては、なんと送料無料で利用できるので近所に店舗がなくてもクラリネットを買取してもらえます。

ネットからの査定方法:メール見積もり査定可能
買取方法:宅配買取、出張買取、店頭買取(全国各地に複数店あり)

楽器高く売れるドットコム

null楽器高く売れるドットコムのホームページへ

特徴
複数のアイテムを買取っている店であり、楽器を専門的に査定してくれるページも持つ、楽器高く売れるドットコム。ホームページには、クラリネットの特設ページを設けているほど、高価買取してもらえるお店。どんなメーカー、どんなタイプのクラリネットも買取してもらえる可能性があるので、査定をしてもらうといいでしょう。宅配買取を利用した際は、送料無料で利用可能。メール見積もり、電話見積もりどちらもOKなので、普段忙しくしている方に向いています。

ネットからの査定方法:メール見積もり査定可能、電話査定可能
買取方法:宅配買取、出張買取(実店舗がある地域周辺)、店頭買取(東京、横浜、埼玉、仙台、名古屋、大阪、神戸、福岡に店舗あり)

楽器買取に関する注意点

null

見積もり査定は事前に

1店舗目から買取承諾書にサインをしてしまうと、買取のキャンセルはできません。後に他店の方が高く買取してもらえたかもしれないと後悔してしまわないためにも、見積もり査定額の比較は事前にしっかりしておきましょう。見積もり査定額は、買取店ホームページのメールフォームからや、電話でも聞けることがあるので、複数の店で出してもらうことをおすすめします。

買取には身分証が必要である

買取の取引には、必ず身分証がなければなりません。身分証の対象となるものは、免許証、各種保険証、住民基本台帳カード、パスポートなど期限が切れていないものであり、買取店によっては顔写真の無い保険証は買取不可の場合もあるので、いくつかの証明書を用意しておくか、事前に何が必要か問い合わせておくのもいいでしょう。

クラリネットを買取してもらいませんか?

null

楽器を売るのはなかなか踏み出しにくい理由をそれぞれが持っていると思いますが、買取してもらうことで次の人に奏でてもらえるというメリットもあります。使わない楽器は家に置いておくだけでも劣化してしまうこともあるので、この機会にクラリネットを買取してもらってみてはいかがでしょうか。今回ご紹介した買取店も参考に、見積もり査定額だけでも聞いてみましょう!

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。