ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

お歳暮派?クリスマスプレゼント派?今どき人気のデパ地下ギフト傾向

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

お歳暮やクリスマスプレゼントなどギフトシーズンの到来です。お世話になったあの人に、大好きなあの人に贈るモノを悩んでいませんか?ちなみに、お歳暮は12月初めから12月20日頃までに届けるのが一般的のようです。

 

ギフトは「建前」から「本音」の時代に

矢野経済研究所のギフト市場に関する調査(2016年8月~9月実地)によると、2015年のギフト市場は、小売金額ベーズで前年比102.2%の9兆9.535億円と微増しているそうです。これは、フォーマルギフト市場が縮小傾向であるものの、カジュアルギフトの需要が伸びているためだといいます。

 

かつて、お世話になった人へ一年の感謝と挨拶をかねて品物を贈る習慣は“礼儀”であり、結婚して独立すればなおさら当たり前の行為でした。

 

しかし、SNSなどの発達で気軽に人が繋がれる時代には、わざわざ、お中元やお歳暮を理由に挨拶をしなくても良いですし、また職場においては、本来の仕事とは関係のない行為などが評価基準にあたいしなくなるなど、さまざまな理由でフォーマルギフトの需要は減りました。代わってのびてきたのが、本当に近しい好きな人に贈り物をするカジュアルギフトなわけです。

 

お中元やお歳暮に代表されるフォーマルギフトが、「礼儀」や「建前」だとすれば、母の日、父の日、そしてバレンタインやクリスマスに代表されるカジュアルギフトは「本音」といえるでしょう。

 

今どきうけるギフトのカタチ

では、どんな商品が人気なのかというと、贈る相手として圧倒的に多いのシニア世代はもとより、若い層にも関心が高い健康的で自然派の商品であること。限定品で希少価値があり特別感があることなど“こだわり”が感じられるモノではないでしょうか。

 

西日本電信電話株式会社の、インターネット調査による「お中元・お歳暮に関する意識調査2015」を見ると、例えば、かつてフォーマルギフトとして人気だった洗剤など日用品は、今やどこでも安く手に入るため特別感がなく順位は下の傾向に。また、相変わらずハムやビール需要があるのは、この特別感を売りにした商品開発とPRを絶えず行っているからです。

 

※贈りたい商品は? インターネット調査による「お中元・お歳暮に関する意識調査」2015年(西日本電信電話株式会社)

 

実際のヒット商品を例にみてみると、2014年にドレッシングが新宿伊勢丹で売り上げNO1人気になるなど、今や最強のデパ地下ギフトといわれる、ジャムやドレッシングなどの製造・販売『セゾンファクトリー』は、まさに今どきうけるギフトのカタチなのが分ります。

 

※セゾンファクトリー 『コンフィチュール ノエル・ドゥ・フォレ』

 

山形という地方から都市部のデパ地下へ次々と出店し、大ヒットしたのは「美味しいから」だけではなく、贈る側の“選ぶ楽しさ”や“こだわる気持ち”をよく掴んでいたから。

 

今シーズンでいえば、りんごとクルミ、レーズンなどが入っているクリスマス時期限定のジャム『コンフィチュール ノエル・ドゥ・フォレ』や、クランベリー果汁とりんご酢をカクテル風に楽しめる『飲む酢 クリスマス・クランベリー』など、健康的で自然派、希少価値のある商品ラインナップです。

 

※セゾンファクトリー 『飲む酢 クリスマス・クランベリー』

 

季節のものを出荷できるぶんだけ手作りで丁寧につくる。まさに、デパ地下で最も旬なギフトといわれる所以ですが、ジャムひとつで数千円もする商品が売れるのは、「好きな(商品)だから、好きな(人)だけにあげる」というフォーマルギフトのカジュアル化といった時代の流れだと思うのです。

 

※贈ってもらいたい商品は? インターネット調査による「お中元・お歳暮に関する意識調査」2015年(西日本電信電話株式会社)

 

ちなみに、お歳暮に贈られて嬉しいものといえば、『商品券』という回答が多いようです。選ぶ方も面倒でないし、さらに相手に喜ばれるのであれば『商品券』の需要は断トツであるはずなのに、なぜか『贈るモノ』の上位にランクインしないのは、“選ぶ楽しさ”や“こだわる気持ち”が贈る側にとって、重要なファクターである表れかも知れませんね。

 

さて、あなたはフォーマルなお歳暮派?、それともカジュアルなクリスマスプレゼント派?どちらも贈る派?それとも……??

 

参考
株式会社矢野経済研究所
「ギフト市場に関する調査(2016)」
http://www.yano.co.jp/press/pdf/1597.pdf

 

西日本電信電話株式会社
インターネット調査による「お中元・お歳暮に関する意識調査」2015年
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000010507.html

 


月刊ぎふと 12月号
Fujisan.co.jpより

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。