ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

誰かの美しさに嫉妬したら、自分を笑い飛ばせばいい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ふと、隣の子のきれいさが羨ましくなることがあります。

相手は仲良しで、一緒に朝まで飲むこともあるような子。

競い合う必要なんてないことはわかっているのに、並んで化粧直しをしている彼女の横顔や、一緒に撮った写真に、一喜一憂してしまいます。

「私もきれいにならなきゃ」と思うことで逆に追い詰められて、心が苦しくなってしまうことも…。

でも、そんな自分を笑い飛ばす勇気をくれる映画に出会いました。

ファッションモデルたちの焦りと嫉妬

映画『ネオン・デーモン』が描くのは、「美しさだけが女性のすべて」とされるファッションモデルの世界。

ヒロインのジェシーを演じるのは、着々とキャリアを積んでいるエル・ファニング。妖しげな演技で脇を固めるのは、キアヌ・リーヴスです。

20161215_naondemon02.jpg

まだあどけなさを残す16歳の少女ジェシー。

彼女は、競争の激しいモデルの世界で、出会う人すべてを魅了し、トップへと駆け上がっていきます。

はじめはジェシーを「きれいで痩せた、よくいるモデルのひとり」と見ていたモデル仲間たちも、飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女に、次第に焦りと嫉妬を抑えられなくなっていきます。

そして、友人であったはずのジェシーはいつしか「敵」となり、自分自身は改造の必要な「欠陥商品」に見えてくる。

この精神状態、私も身に覚えがあります。

「女って怖い」だけでは終わらない

20161215_naondemon01.jpg

おもしろいのは、彼女たちのこうした生き方や関係性の変化が、”苦しみ”としてではなく、スタイリッシュな抽象表現と、笑っちゃうくらいぶっとんだ展開で描かれていくこと。

『ネオン・デーモン』は、心に絡みついてくるような映像と音楽でエクスタシーを味わった観客を、「気分良いまま劇場出させてなんてあげないわよ!」と言わんばかりに、裏切ってきます。

そして、その裏切りかたがスゴイ。

女同士の競争や嫉妬は、いままでも度々描かれていますが、多くの場合、「女って怖いわ~」で終わってしまいがち。

でも、『ネオン・デーモン』はそこを突き抜け、「なぜ女たちがそんな風になってしまうか」。その根幹にあるものを提示していくんです。しかも、かなりユーモラスに。

強い緊張感が漂っているので、ちょっと気づきにくいですが、作品の後半部分には、大分コメディ要素が入ってます。

誰かの美しさに嫉妬したって、笑い飛ばせばいい

20161215_neondemon03.jpg

『ネオン・デーモン』では、いま世のなかに浸透している、美醜に基づいて物事を判断する価値観を、無理に矯正したり、非難することはありません。

それどころか、「そんな世界をまるごと笑い飛ばしてしまおうよ」という、明るいメッセージが込められているように感じました。

誰かが勝手に決めた「美しさ」を基準にして、美を競い合っている人間は、滑稽だけど、どこか愛らしい存在。

だから、嫉妬に囚われて自分がコントロールできなくなっていることに気づいたとしても、自分を否定して、無理に直そうとする必要はありません。

「あ、またアタシ嫉妬してるなー。ま、いっか、ある程度のところまでは楽しんで、飽きたらやーめよ」と自分を茶化して、軽く受け止めてあげればいいのです。

重量感たっぷりの映画なのに、劇場を出たら、そんな身軽さがいつの間にか身に着いていた自分に、気付きました。

ネオン・デーモン

2017年1月13日(金) TOHOシネマズ六本木ヒルズほか 全国順次ロードショー

配給:ギャガ

© 2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

■ あわせて読みたい

定額うれしい。会社帰りにサロンでヘアを直せば、平日の夜が変わる
手が届かない相手ほど燃える? あなたのラブチャレンジャー度 #深層心理
1日1回ウイスキー体操。たるんだほほがシュッとしてきた
単調な毎日に。少し笑ってから帰る #こはるの落語
シティガールってこんな感じ。渋谷でおいしいラテとかわいいイラストを堪能
2016年インスタ最多「いいね!」は渡辺直美。ビヨンセのフォロワー数超えたい
実績がないからダメってことじゃない。 #ふたりごと

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。