体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

走行距離3万km以下の旧型BMW 3シリーズが100万円以下でイケること、知ってました?

▲言わずと知れたドイツの名門、BMWの中核モデルである3シリーズ。旧型であれば、走行距離がきわめて少ない現役感たっぷりの物件も実はお手頃価格で探せるのです

▲言わずと知れたドイツの名門、BMWの中核モデルである3シリーズ。旧型であれば、走行距離がきわめて少ない現役感たっぷりの物件も実はお手頃価格で探せるのです

3シリーズがズバリ100万円以下、それも低走行物件が!

毎日の通勤や買い物などに車を使用している場合、「できれば新しめのBMWかアウディあたりでさっそうと乗りつけたいものだが……」と内心思っている人もいるかもしれません。そして同時に「とはいえ新しめのBMWとかアウディってのは高いからなぁ……」とも。

確かに、例えば現行型のBMW 3シリーズを買うのであれば、新車でも中古車でも購入にはそれなり以上の予算が必要になります。しかし「旧型BMW 3シリーズでもOK」と考えるのであれば、実は車両価格100万円以下でも狙えてしまうことをご存じでしたでしょうか?

「でもどうせそんなに安いビーエムは、どうせ年式的に古くて過走行なボロ中古車なんでしょ?」と思うかもしれませんが、実はそうとも限りません。

確かに年式的には05~08年式付近という「旧型の中でも初期の年式」になるのですが、走行距離で見ると3万km以下、つまり「走行2万km台まで」のBMW 3シリーズが今、車両価格おおむね80万~99万円あたりで探せるのです。どうでしょう、これってある種の人にはかなりグッとくる事態なのではないでしょうか?

▲こちらが旧型BMW 3シリーズセダン。写真は「Mスポーツパッケージ」装着車両

▲こちらが旧型BMW 3シリーズセダン。写真は「Mスポーツパッケージ」装着車両

▲08年式までの前期型はこのようなビジュアル。それ以降の年式は、テールレンズの形状を含む外装デザインなどが微妙に変更されています

▲08年式までの前期型はこのようなビジュアル。それ以降の年式は、テールレンズの形状を含む外装デザインなどが微妙に変更されています

エンジンフィールも操舵感も、やはりBMWは格別

詳しくご存じの方も多いかもしれませんが、改めて旧型BMW 3シリーズという車について簡単におさらいしておきましょう。

販売期間は05年4月から11年12月で、搭載エンジンは直列4気筒DOHCまたは6気筒DOHC。自然吸気が基本となりますが、335iというグレードはターボチャージャー付きでした。もっとも販売台数が多かった320i系は排気量2Lの直列4気筒で、その他のグレードは2.5~3Lの直列6気筒エンジンです。6気筒版は「323i/325i/330i/335i」と分かれていて、それぞれ排気量やエンジン出力が異なるのですが、要するに「車名の数字が大きければ大きいほどパワフルなエンジンを搭載している」という表記ルールになっています。

運転してみても、旧型BMW 3シリーズはかなり素晴らしい車です。

各方面で「絹のような感触で回る」などといわれるDOHCエンジンは、確かにそのとおり。いかにもドイツ物らしいカッチリとした高精度を伴って、まさに絹の布地を触っているかのような感触で高回転域まで一気に吹け上がります。そしていわゆるFRレイアウトですので、操舵感もひたすらシルキー。要するにFRゆえ前輪が駆動を担わず、純粋に「舵」の役割だけを果しているため、FF車の操舵感とはまったく異なるフィーリングになるわけです。もちろんBMW 3シリーズのステアフィールが甘美なのは、ただ「FRだから」という理由だけではありませんが。

そして高速道路を巡航させればどんな速度域でも矢のように直進し、それでいて(決して推奨はしませんが)クイックなレーンチェンジも、やろうと思えば全然楽勝。そして峠の山坂道でも、ロータスなどの軽量スポーツカーとはちょっと違う感触と挙動ではありますが、ほぼ思いのままのコーナリングを堪能することができます。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。