ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

栄養士おすすめ!体に優しい低カロリークリスマスディナーレシピ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

栄養士おすすめ!体に優しい低カロリークリスマスディナーレシピ
もうすぐクリスマス、ご家族や友達、恋人と一緒に過ごす人も多いのではないでしょうか。

しかし、気になってしまうのが美味しいクリスマスディナーのカロリー。ついついオーバーしてしまって後悔したくないですよね。

そこで今回は栄養士の横川先生に「低カロリークリスマスディナーレシピ」を教えていただきました。

低カロリークリスマスディナーレシピ(スープ編)

栄養士おすすめ!体に優しい低カロリークリスマスディナーレシピ

バター不使用♪簡単クリームシチュー

■材料(2人分)

・鶏もも肉:1/2枚

・玉ねぎ:1個

・にんじん:1/2本

・じゃがいも:2個

・白菜:2枚

・サラダ油:小さじ1

・コンソメ:2個

・水:300ml

・牛乳:300ml

・ローリエ:1枚

・塩こしょう:少々

・片栗粉: 大さじ1

・水:大さじ1

・パセリ:少々

■作り方

1:具材は全て食べやすい大きさに切る。

2:鍋にサラダ油を熱し、白菜以外の野菜と鶏肉を炒める。

3:玉ねぎと鶏肉の色が変わったら、水、白菜、コンソメ、ローリエを加えて蓋をして15~20分ほど煮る。

4:全ての材料に火が通ったら牛乳、塩、こしょうで調味し、いったん火を止め、水で溶いた水溶き片栗粉でとろみをつける。

5:再び火をつけひと煮立ちしたら、器に盛り付け、お好みでパセリをかけて出来がり。

■ポイント

使う油を小さじ1杯ほどにし、
バターや生クリームを使わないことで
脂質からのカロリー摂取を抑えます。

低カロリークリスマスディナーレシピ(サラダ編)

栄養士おすすめ!体に優しい低カロリークリスマスディナーレシピ

レタスとミックス野菜のリースサラダ

■材料(2人分)

・生ハム:4枚

・スライスチーズ:1枚

・レタス:5枚

・ミックス野菜(ベビーリーフなど):好みの量

・ミニトマト(赤と黄色、オレンジなど):3個

・ミックスビーンズ:お好みで

■作り方

1:ミニトマトは1個を4等分に切り、スライスチーズはお好みで、ハートなどの型でくり抜いておく。

2:レタス、ミックス野菜を円(リースの形)になるように、お皿に盛り付ける。

3:盛り付けた野菜に、ミニトマト、スライスチーズ、ミックスビーンズを乗せる。

4:生ハムは、花のようにくるくるして乗せましょう。

5:お好みのドレッシングを中央に添えて出来上がり。

■ポイント

・ドレッシングは
レモンやオリーブオイルに塩こしょう程度にすると、
油の摂り過ぎをおさえるだけでなく、質の良い油も摂れます。

・ミニトマトは赤やオレンジなど色の違うものを使う事で華やかになり、
モッツアレラチーズもプラスすると更に
味が美味しくなります。

低カロリークリスマスディナーレシピ(メインディッシュ編)

栄養士おすすめ!体に優しい低カロリークリスマスディナーレシピ

フライパンで簡単ローストビーフ

■材料(2人分)

・牛モモブロック:300g

・塩、黒こしょう:少々

・オリーブオイル:小さじ1

・にんにく:1片

・クレソン:お好みで

ソース

・玉ねぎ(すりおろし):1/4個

・しょうゆ:大さじ3

・はちみつ:大さじ2

・みりん:大さじ2

・酒:大さじ1

・にんにくチューブ:小さじ1

・しょうがチューブ:小さじ1

・レモン汁:小さじ1

   

■作りかた

1:にんにくは薄くスライスし、牛モモブロックに塩、黒こしょうをすりこむ。

2:ソースは全ての材料を混ぜ合わせておく。

3:熱したフライパンに、オリーブオイル、1のにんにくを入れ、香りが出てきたらお肉を入れて表面に焼き色をつける。

4:荒熱が取れたら、お肉をアルミホイルで二重に包み、そのまま休ませる。

5:その間に、使用していたフライパンに混ぜ合わせたソースの材料を入れ、煮詰めておきます。

6:お肉は、アルミホイルを取って、薄くスライスする。

7:お皿にお肉を盛り付け、ソースとクレソンを添えて出来上がり。

■ポイント

メインはフライドチキンにする方も多いですが、
ローストビーフにすることで揚げていない為、
カロリーを抑える事ができます。

最後に横川先生から一言

栄養士おすすめ!体に優しい低カロリークリスマスディナーレシピ
今回は低カロリーメニューとしてご紹介させて頂きましたが、低脂質で代謝に負担が少ないメニューを選択させていただきました。

また、ダイエットで大切なのは、お身体のためのお食事とイベント時のお食事とのメリハリです。イベント食が多いと胃腸に負担がかかり代謝が下がってしまいます。

そのためイベント食の前後は、胃腸に負担が少ないお食事を意識し、お身体に備わっている代謝力を落とさないように心がけると良いでしょう。

(監修:栄養士 横川仁美)

関連記事リンク(外部サイト)

《栄養士監修》ブーム再来!羊肉の健康パワーとご家庭ジンギスカンレシピ
今年こそは正月太りを阻止! 医師が教える太らないお正月の過ごし方
《栄養士考案》痩せる朝食メニュー!和食と洋食でおすすめをご紹介

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。