体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

島根に行ったら必ず買いたい!地元でも人気のおすすめお土産ランキング

Photo credit: Natsumi Imai「島根県西から東を横断!」

Photo credit: Natsumi Imai「島根県西から東を横断!」

こんにちは。Compathy Magazineのtokyo.comです。
出雲大社をはじめとする歴史的遺産など、さまざまなパワースポットが有名な島根県。島根を訪れる際は数々の観光スポットで楽しむのはもちろんのこと、お土産選びも旅行の醍醐味の1つです。訪れた地の特産物や名産品を少しでも把握すれば、お土産選びもより楽しくなりますよ。

今回は、島根に訪れたらお土産に選びたい品々を、ジャンル別にランキング方式でたっぷりとご紹介します。

関連記事:「郷土料理から話題のスイーツまで!島根の名物グルメとおすすめのお店6選」

島根でおすすめのお菓子のお土産~和菓子編ランキングTOP14

1. 彩雲堂:若草

Photo credit: sakura_chihaya+ via flickr cc

Photo credit: sakura_chihaya+ via flickr cc

創業140年の老舗和菓子店「彩雲堂」の代表銘菓は、若草。抹茶色の寒梅粉(もち米が原料の和菓子の材料)を使用した鮮やかな見た目で、品のある和菓子として視覚的にも楽しめる一品。柔らかな口当たりの求肥(皮)は寒梅粉との相性も抜群で、控えめな甘さを感じる風味も魅力です。

さて見るからに初夏を彩る若草色の明るくて珍しいお菓子ですね。この表面の若草色の部分は餅米と砂糖を混ぜた寒梅粉らしいです。甘くてサクサクした食感になっています。中には求肥がたっぷり入っています。不思議な食感と味わいですがとにかく甘い
出典:「【禁煙】期間限定の星空をイメージした金箔が散りばめられた「満天」はまさに「満点」…」若草の口コミー食べログより

2. 中浦食品:どじょう掬いまんじゅう

Photo credit: akaitori via flickr cc

Photo credit: akaitori via flickr cc

山陰銘菓で有名などじょう掬いまんじゅう。島根県安来(やすき)市の民謡、安来節(やすきぶし)に登場するどじょう掬いのひょっとこをモチーフに誕生しました。中身の餡は、抹茶、白あん、いちごなど数種類あります。なかでも白あんのどじょう掬いまんじゅうは、日本茶や紅茶にも相性抜群ですよ。賞味期限が常温で70日間と長期保存が可能なので、数種類をお土産に持ち帰って食べ比べするのも良いですね。

こんな面白いお土産があったなんて…一目惚れで購入しました。話のネタに良いですね(笑)
出典:「山陰銘菓どじょう掬いまんじゅう【12個入】」どじょう掬いまんじゅうの口コミー楽天より

3. 日吉製菓:おろち饅頭

おろち饅頭は、出雲神話の”やまたのおろち”にちなんだ名を持つ艶のある黒糖饅頭。弾力のあるモチモチとした生地と甘さ控えめの上質な小豆を使用した黒糖饅頭は、甘党ではないという方にもおすすめです。

4. 坂根屋:宿禰餅(すくねもち)

1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会