体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ストーンズ、新春2本立てプレミア・ライヴ絶響上映に公式フォトグラファー・有賀幹夫がゲスト登場

ストーンズ、新春2本立てプレミア・ライヴ絶響上映に公式フォトグラファー・有賀幹夫がゲスト登場

年明け1月4日に東京・Zepp DiverCityと、大阪・Zepp Nambaにて、ローリング・ストーンズの1日限りのプレミア・ライヴ絶響上映会が実施される。このZepp DiverCityで行われる上映会に、日本人唯一のストーンズ・オフィシャル・フォトグラファーである有賀幹夫のゲスト登壇が決定した。

また、そのホスト役に音楽評論家・大鷹俊一も登壇し、2人にとってのストーンズ・キューバ公演に関する見解はもちろんのこと、ストーンズの最新ネタから秘蔵ネタまで新春からロックンロールな話が聴けそうだ。

また、当日の来場者に配布される入場者特典が、恒例となった“映画タイトルが入ったイベント・ステッカー”と“耳栓”の2in1に決定。さらに、2017年一発目の新春上映ということで、この日に上映されるドキュメンタリー・フィルム『ストーンズ オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテン・アメリカ』と、ストーンズ・ライヴ映画『ハバナ・ムーン ストーンズ・ライヴ・イン・キューバ2016』のメインビジュアルをあしらった“日本限定!上映特別記念クリアファイル”を入場者全員にお年玉としてプレゼントする。

なお、入場者プレゼントには数に限りがあり。配布は無くなり次第配布終了となる。

ミック・ジャガー コメント
キューバ公演は純粋に素晴らしかったよ。途轍もない時間だった。見渡す限り広大な人の波なんだ。観衆からの熱狂の嵐を感じてもらえるはずだよ。僕にとっては突出した出来事だったんだ

キース・リチャーズ コメント
太陽があって、月があり、星があって、ザ・ローリング・ストーンズがいたんだ。キューバがついに思い切り楽しむ機会を見るのは特別なもんだったよ。ハバナの夜は忘れることはないだろうね

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。