ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

理想の庭づくりも、ふるさと納税でかなえる時代!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


ふるさと納税の受付期限まであとちょっと。まだどこにするかまだ決めかねている…という人は、埼玉県深谷市が12月15日(木)より受付を開始したという、まったく新しいタイプのお礼品をぜひチェックしてみて。

深谷市南西部に位置する櫛引・花園地区では古くより植木・苗木の生産が盛んで、現在もおよそ100件の植木・花卉販売店が地区内に点在。

そんな「植木の里」ではこれまで50万円、100万円の寄附のお礼品として、「四季を感じるお庭を創る 深谷で選ぶ樹木セット」を提供してきた。

これは、市内約1800坪の売り場で好きな樹を選べる(10~20本程度)という深谷市ならではの返礼品で、別荘の新築に伴う造園や実家の庭園改装などを必要とする人々に好評を博してきたという。


そしてこのたび新たなお礼品として登場したのは…なんと、プロが造園の設計から施工まで行ってくれるという、「厳選された樹木で創るプロデュースガーデン」。樹木だけでなく、プロの“技術&サービス”を付加した今までにない返礼品と言えそうだ。


造園を担当するのは、軽井沢の別荘庭園などを数多く手掛けてきた庭づくりのプロ。豊富な経験に基づく目利きと感性を発揮して、理想の庭づくりをプロデュースしてくれるという。


寄附金額は200万円と300万円、500万円、999万9999円の4種類。まずは気楽に相談してみて、心が決まったら納税を。その後はヒアリング、デザイン確定、工事という流れになっている。

詳しくはコチラ(https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/11218/262952)から。

また深谷市では昨年より、年間50万円以上寄付した人に、「復興応援プロジェクト」として、友好都市である岩手県田野畑村の特産品を通常のお礼品にプラスして送付。



1回の寄附金が50万円以上、100万円以上でもれなく、田野畑村の特産品であるワカメや山菜セット、松茸、アワビなどの豪華食材がもらえるというからウレシイ。

ふるさとチョイスでは、全国1788すべての自治体のふるさと納税の寄附でもらえる「お礼の品」と「使い道」の情報を掲載。クレジットカード決済を利用すれば、手続きにかかる時間はわずか5分。所得税や住民税を納める代わりに、ふるさと納税で心躍るお礼品をゲットするべし。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。