ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

エルトン・ジョンの公式MVを制作できる「エルトン・ジョン:ザ・カット」コンテスト開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
エルトン・ジョンの公式MVを制作できる「エルトン・ジョン:ザ・カット」コンテスト開催

エルトン・ジョンと、ソングライター・パートナーのバーニー・トーピンによる楽曲共同制作50周年を記念して、エルトン・ジョンはYouTubeとタッグを組み、まだ発掘されていない世界中のクリエイターに彼の代表的なヒット曲の公式ミュージック・ビデオを制作するチャンスを与える、というコンテスト「エルトン・ジョン:ザ・カット」を開催する。

対象となるのは、「ベニーとジェッツ」、「ロケット・マン」、「可愛いダンサー(マキシンに捧ぐ)」の3曲。これらはミュージック・ビデオ制作が主流になる時代の前に発表されたため、若きクリエイターにとって、長年世界中で愛されてきた楽曲を新たな形で表現できるという、人生で一度あるかないかのチャンスとなるコンテストになる。

本日発表された「エルトン・ジョン:ザ・カット」コンテストの募集は2017年1月9日から。コンテストの公式サイトで応募詳細やアドバイスなどを確認できる。(※コンテストの公式サイトの原語は英語)

各曲のミュージック・ビデオにはそれぞれテーマが決められているおり、「ロケット・マン」ではアニメーション、「可愛いダンサー(マキシンに捧ぐ)」ではライヴ・アクション、「ベニーとジェッツ」ではコレオグラフィー(振付)と、多様な芸術性が求められる。

応募締切は1月23日。規約と条件に従えば、16歳以上の人は誰でも参加することができるという。審査員はエルトン・ジョンとバーニー・トーピンの他、YouTubeのクリエイター集団や、著名な音楽家、音楽業界人が担当し、3名の優勝者を決める。優勝作品は2017年夏、YouTube上で公開される。

YouTubeは、応募者のヴィジョンを具現化できるよう、優勝者達へプロジェクト資金の提供やYouTube Space施設を利用できる権利の提供等のサポートをする。

ミュージック・ビデオ制作をサポートするのは、エミー賞にもノミネートされたビヨンセの「レモネード」の映像制作で知られるPulse Films。これに加え、YouTubeは将来の映像クリエーションの資金として$10,000(米ドル)を優勝者へ提供する。

エルトン・ジョン コメント
私達はYouTubeと手を取り、ストーリーを描くことに情熱を覚える様々な世代のアーティストや音楽を愛する人たちに集まってもらえることにワクワクしています。YouTubeは充実したクリエイティヴィティの宝庫なので、各曲で求められるダンス、ライヴ・アクションやアニメーションのコミュニティーが、どんな形で私の曲に彼ら自身のヴィジョンを重ねるのかを観るのが待ち遠しい。

ヴィヴィアン・ルイット(YouTubeアーティスト・コンテンツ&サービス責任者)コメント
これは、音楽史に名を残すアーティストの名作に、新進気鋭のクリエイター達の手によって新たな命を吹き込むという、夢のようなプロジェクトです。私達はエルトン・ジョンやユニバーサルと共にこの企画を実施できることをとても光栄に思っています。YouTubeの熱心な観覧者達が、長年愛されてきた名曲を新たな形で体験できることをとても嬉しく思います。

Introducing Elton John: The Cut – Supported by YouTube

「エルトン・ジョン:ザ・カット」コンテスト公式サイト
https://thecut.eltonjohn.com/

関連リンク

エルトン・ジョン レーベルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/elton-john/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。