体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

郷土の味を堪能!冬旅の主役にしたい「名物鍋」のあるオススメ宿【西日本】

郷土の味を堪能!冬旅の主役にしたい「名物鍋」のあるオススメ宿【西日本】 すっぽん鍋 玉の湯

寒い冬、心も体もほっこり温めてくれるものと言えば、やっぱり鍋。

今回は、郷土の味覚をコトコト煮込んだ小宇宙、名物鍋を味わえる、西日本エリアの美食宿をご紹介します。

味わい深い国産天然真鴨を使ったお鍋や、お肌にもうれしい「すっぽん」に新鮮なクレソンを加えたお鍋など、グルメの舌を唸らせる極上鍋の数々。

冬の西日本を旅しながら、選び抜かれた食材と料理人の技が活きるお鍋を、しっとりとした大人の宿で堪能してみてはいかがでしょうか。

名泉鍵湯 奥津荘【岡山県鏡野町】

骨の周りの美味なる肉を削って。牛の里で育まれた郷土の味。

そずり鍋

そずり鍋 まずは醤油ベースの出汁でそずり肉を煮立て、野菜を入れるのがこの宿のスタイル。脂の甘み、筋のコリッとした食感など肉の味は表情豊か。奥津荘 季節感を取り入れた前菜の数々。食前酒のかわりに冷やした源泉が。料理はすべて作州牛の郷土料理満載プランより奥津荘 牛の干し肉と牛肉の白和え。干し肉も古くから伝わる牛肉料理のひとつ奥津壮 牛のあぶり。程よくサシの入った作州牛をポン酢醤油でいただく奥津荘 強蒸しと薯用蒸しは創業以来の名物。料理には温泉水を使う奥津荘 スタッフ 鍋はスタッフに作ってもらうことも可能。シメの蕎麦も楽しみ奥津荘 離れの客室「清閒亭」は露天風呂付き。全8室で洋室もある奥津荘 宿の名物「鍵湯」。源泉の上にある浴槽はかつての川底を生かした野趣溢れる造り奥津荘 ジャズが流れるラウンジ「桂」はモダンな装い。夕食後は源泉でいれたコーヒーがサービスされる奥津荘

津山に隣接した歴史ある温泉地で約90年前に建てられた木造家屋

湯気を立てる鍋蓋を開けると、出汁の中で牛肉がゆらゆらと揺れている。形はさまざまで、部位も不明。そもそも名前からして謎な鍋なのだけれど、見れば旨そうなことこの上ない。

そずり鍋が伝わるのは、岡山県津山市周辺。山陰と山陽を結ぶ交通の要衝として栄えてきた場所だ。古くから開かれていたのが、牛の市。肉食が戒められていた江戸時代でさえ、養生食いと称して牛肉を食べることが黙認されていたのだとか。そんな土地柄ゆえ、牛肉の扱いも独特だ。例えば、骨の周りに付いた肉は丁寧に削ぎ落とす。マグロでいえば、中

落ちか。その肉を使ったのが、そずり鍋。地元では削ることを「そずる」というため、そんな名に。

この宿で味わえるのは、作州牛のそずり肉。上質な出汁になるだけでなく、野菜と一緒に煮た後も噛めば歯ざわりは柔らか。赤身や脂、筋などの多彩な味が口に広がる。食後はお風呂でのんびりと。足元からこんこんと湧き上がる、源泉に身を包まれる至福は名物鍋に勝るとも劣らない。 名泉鍵湯 奥津荘(めいせんかぎゆ おくつそう)

TEL/0868-52-0021

住所/岡山県苫田郡鏡野町奥津48

料金/作州牛の郷土料理満載プラン1泊2食2万1750円~(通年)

アクセス/中国道院庄ICより25分

「名泉鍵湯 奥津荘」の詳細はこちら

料亭旅館 やす井【滋賀県彦根市】

食べ進むほどに味わい深くなる、天然真鴨の力強さ。

鴨鍋

鴨鍋
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy