体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファンタジックな青春恋愛物語『夜は短し歩けよ乙女』CV:星野源/キャラ原案:中村佑介/主題歌:アジカンでアニメ映画化

エンタメ
ファンタジックな青春恋愛物語『夜は短し歩けよ乙女』CV:星野源/キャラ原案:中村佑介/主題歌:アジカンでアニメ映画化

 第20回山本周五郎賞受賞、並びに2007年本屋大賞2位に選ばれ、累計売上120万部を超えるベストセラー、森見登美彦原作の『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫刊)がアニメ映画化。公開日が2017年4月7日に決定し、キービジュアルと特報が公開された(https://youtu.be/tmr6VSOW4zU)。

映画『夜は短し歩けよ乙女』キービジュアル

 京都を舞台に描かれる、どこかファンタジックな青春恋愛物語である本作は、大学生が選ぶ本第1位に選ばれ続けるなど、森見登美彦作品の中でも最もファンの多い作品の一つ。そんな本作のアニメ映画では、後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せるも、外堀を埋めるばかりで一向に進展させられない冴えない主人公“先輩”役を星野源が務める。

 監督は、『四畳半神話大系』(10)や、映画『マインド・ゲーム』。(04)、TVアニメ『ピンポン THE ANIMATION』(14)などの湯浅政明。中でも本作と同じく森見登美彦原作で世界観や登場人物を共有する『四畳半神話大系』は斬新な映像表現と構成力で熱狂的な人気を博し、TVアニメとして史上初の文化庁メディア芸術祭大賞を受賞。本作では脚本の上田誠(ヨーロッパ企画)、キャラクター原案の中村佑介、さらに主題歌ASIAN KUNG-FU GENERATIONという、『四畳半神話大系』と同じクリエイター陣、実に6年ぶりの夢の再集結が実現した。

 公開された中村佑介によるキービジュアルでは、舞台となる京都の四季を背景に、瞳を輝かせた乙女に対しがんじがらめで動けなくなっている“先輩”の姿が描かれている。特報映像では色鮮やかな京都の季節が移りゆく中で、個性的な面々に囲まれ奮闘する“先輩”の姿を見ることができ、今後の情報にも期待が高まる内容となった。

イラスト:中村佑介

◎星野源-コメント
湯浅政明監督からある日、直筆の手紙が送られてきました。お会いしたこともないのになぜ?と思いながら封を開けると「星野源さんに主人公を演じていただけたら、絶対に面白い作品になります」と直筆にてオファーの言葉がありました。映画『マインド・ゲーム』を観た12年前のあの日から人知れず湯浅監督作品を敬愛していた私は、お断りする選択肢が浮かびませんでした。
“先輩”役、とても楽しみです。何卒よろしくお願いします。

◎湯浅政明監督-コメント
森見登美彦先生の御長女『夜は短し歩けよ乙女』待望のアニメ映画化です!
『四畳半神話大系』のスタッフが再び集結して張り切って制作いたしました! 映画はタイトル通り、乙女が一晩歩き続けながら進行します! 森見先生が構想しながら使わなかったアイディアも実現! 以前読んだ時は気づかなかった、思わぬキャラクターの関係も読み解きました!
先輩の声を、なんと星野源さんが担当という事も皆が張り切る理由に!!
面白いこと請けあいなので、ぜひ劇場でご覧になってください!!

◎森見登美彦(原作)-コメント
これまでの長い紆余曲折を振り返れば感無量。
湯浅監督をはじめ関係各位のご尽力に深く感謝しつつ、
「黒髪の乙女」と銀幕で出会える日を楽しみにしております。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会