ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ラッパーのカニエ・ウェストがトランプ氏とご対面! トランプ「我々は友達なんだ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ラッパーのカニエ・ウェストがトランプ氏とご対面! トランプ「我々は友達なんだ」

12月13日の朝、カニエ・ウェストが、アメリカ次期大統領のドナルド・トランプ氏と、ニューヨークのトランプ・タワーで面会した。

ラッパーであるカニエが、その義理の母クリス・ジェンナーのボーイフレンド、コリー・ギャンブルらを連れて、マンハッタンのミッドタウンにあるトランプ・タワーに入っていく姿がカメラに収められた。カニエ自らトランプ氏に面会を申し入れ、13日の朝に15分間の面会が実現したという。

この面会の後、トランプ氏はカニエがトランプ・タワーを後にするのを見送ったが、その際、トランプ氏は、カニエのことを「友人」と呼び、精神的に不安定になり2週間前まで入院していたカニエのことを「お大事に」と気遣った。

「我々は友達なんだ。ただの友達だ」とトランプ氏は語った。「カニエは良いやつだ。仲良くしているよ。長いことね。彼は長年の友達なんだ。人生について語り合ったよ」

何かと議論を呼ぶ2人の有名人による、思いもよらなかったこの面会だが、この数週間前、カニエは今年の大統領選挙について、もし投票していたら「トランプに投票するつもりだった」と発言し話題になっていた。トランプ・タワーを去る際に、2020年の大統領選挙に出馬するつもりかと報道陣に尋ねられると、「今は写真だけにしてくれないか」と笑いを誘った。

この日の午後、カニエは、トランプ氏との面会の理由について以下のようにツイートを連投した。

I wanted to meet with Trump today to discuss multicultural issues.
– KANYE WEST (@kanyewest) 2016年12月13日

(今日はトランプと、多文化社会における問題について話したかった)

These issues included bullying, supporting teachers, modernizing curriculums, and violence in Chicago.
– KANYE WEST (@kanyewest) 2016年12月13日

(その問題とは、いじめ、教師の支援、カリキュラムの近代化、シカゴでの暴力などだ)

I feel it is important to have a direct line of communication with our future President if we truly want change.
– KANYE WEST (@kanyewest) 2016年12月13日

(本当に変えたいと思うなら、次期大統領と直接コミュニケーションをとることが大切だと思ったんだ)

#2024
– KANYE WEST (@kanyewest) 2016年12月13日

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

BRAHMANのTOSHI
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」
消えた日本エレキテル連合はYouTubeが面白い!下ネタ炸裂で放送禁止レベル
『マッドマックス』のイカれた改造車を創造した男に直撃!今回も撮影中に死者が出た?
バナナマン・設楽統の活躍を支える、中学生時代からの「座右の銘」とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。