体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【話題】気分はブルートレイン!あの北斗星を再現した「Train Hostel北斗星」

気分はブルートレイン!あの北斗星を再現した「Train Hostel北斗星」
(c)facebook/Train Hostel 北斗星

寝台列車の「北斗星」(ほくとせい)をご存知でしょうか。1988年から運行していた日本の寝台特別急行列車の名前で、「日本初の豪華寝台特急」とも言われていました。そんな北斗星も、時代の流れから2015年にその運行を終了。多くの鉄道ファンから惜しまれていました。
しかし2016年12月、その北斗星が全く新しい姿で生まれ変わり、話題を呼んでいます。

あの寝台列車に泊まれる「Train Hostel北斗星」

気分はブルートレイン!あの北斗星を再現した「Train Hostel北斗星」
(c)facebook/Train Hostel 北斗星

ここが、その生まれ変わった北斗星の入り口。「受付」という看板からも察することができますが、実は北斗星は宿泊施設「Train Hostel北斗星」にその姿を変えたのです。

気分はブルートレイン!あの北斗星を再現した「Train Hostel北斗星」
といっても寝台車両をそのまま用いている訳ではなく、東京の日本橋のビル内に北斗星の設備を再現しています。

気分はブルートレイン!あの北斗星を再現した「Train Hostel北斗星」
(c)facebook/Train Hostel 北斗星

ドミトリー式の二段ベッドと個室の両方の準備があり、最大78名が宿泊できるのだとか。

気分はブルートレイン!あの北斗星を再現した「Train Hostel北斗星」
(c)facebook/Train Hostel 北斗星

こちらは、北斗星のA個室「ツインデラックス」のソファーベッド。しっかり細部までこだわっていて、座席の上のランプも、実際に北斗星で使われていたランプと同じデザインなのだそう。

気分はブルートレイン!あの北斗星を再現した「Train Hostel北斗星」
(c)Train Hostel 北斗星

下段のベッドは、背もたれを倒してフルフラットにもできます。これは寝心地が良さそう!

気分はブルートレイン!あの北斗星を再現した「Train Hostel北斗星」
(c)Train Hostel 北斗星

そしてこちらは、B寝台を再現した2段ベッドのエリア。

気分はブルートレイン!あの北斗星を再現した「Train Hostel北斗星」
(c)Train Hostel 北斗星

更に北斗星の食堂車「グランシャリオ」もラウンジとして再現されています。テーブル、椅子、照明各種は実際の食堂車で使われていたものと同じデザインを使用。残念ながらレストランのように食事の注文はできませんが、持ち込みの飲食はOK。しかも共有キッチンもあるので自炊もできるのだとか! 節約派には嬉しいサービスですね。しかし、北斗星のサービスはそればかりではありません。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。