体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

20代の常識は40代の非常識!? 知らないと損する社会人の5つのオキテ

生活・趣味

「女心(男心)がわかっていない」という言葉があるように、良かれと思ってしたことでも、相手にとっては残念に思われてしまう行動があるものです。これは何も男女関係だけではありません。上司と部下のような「20代の現場と40代の管理職」でも気持ちのミスマッチは発生しています。

このようなミスマッチを放っておくと、徐々にマイナス評価が蓄積してしまい、ダメ社員の烙印を押されることになります。逆に40代管理職のツボを押さえる人は、ぐーんと評価が上げることができます。

そこで、「知らないと損する社会人のオキテ」について、広告代理店勤務時代に3000人以上のVIPに対応した経験を持つ「気配り」のプロフェッショナル・後田良輔さんに話を伺います。

20代の常識は40代の非常識!? 知らないと損する社会人の5つのオキテ

40代の口癖は「時間が足りない」

40代とは、ひと言で言うと「時間のない人たち」と言えるのではないでしょうか。

プレイヤーなら会社を出てはクライアントのニーズ把握と提案作業。マネジャーなら社内での関係部署の根回しや部下の管理。家庭にあってはパートナーと子供への配慮など、40代は自分のことだけに集中して行動することができない年代です。

そんな忙しい彼らは、目の前に増え続けるやらなくてはいけないことを処理するために「今、何を優先すべきか」という発想で、毎日、行動しています。この「優先順位をつけて行動する」という考え方に寄り添うことができれば、会社のキープレイヤーである40代の評価を上げることができます。

■社会人のオキテ① 「鮮度」を意識する

「会議の内容を議事録にまとめておいて」「来週の提案資料は準備できている?」「この書類をコピーして」など、40代に作業を依頼される場面は多々あるもの。そんな時、あなたはどのように対応していますか?

もしお願いされた順にこなしている人がいたら、それは残念な人だと言えるでしょう。彼らは、今、お願いしたことを一番早くやって欲しいと思っています。たとえ40代の人が「手が空いている時でいいから」と言っても、言葉どおりに受け取ってはいけません。

お願い事には魚の刺身と同じように「鮮度」が存在しています。もしAという作業を頼まれたあとに、Bという作業も頼まれたら、Bを優先してください。もしどうしても迷うようであれば、「AとBはどちらを優先しますか?」と聞くのが正解です。

■社会人のオキテ② 「利益」を意識する

お願いされたことは、手を抜かず、一生懸命取り組む。

一見、社会人として素晴らしい態度に見えますが、40代は一生懸命さに重きをおいてはいません。彼らが重要視するのは「利益」です。どんなに出来栄えの良い提案書でも、残業や休日出勤をして作成したのでは意味がありません。

40代は「人件費=支出」と見ています。特に昨今は超過勤務に厳しい時代ですので、与えた仕事以上に一生懸命残業されてしまうと困ってしまいます。ぜひ「与えられた時間の中で、どうやったら最大の利益を生み出せるのか」を考えて行動してください。

■社会人のオキテ③ 「素直」に聞く

「その場に合わせる」「場の空気を乱さない」など、人間関係を乱さない「読心術」を駆使し、「KY」と言われないように気を使っている20代のビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。現代はインターネットで手軽に検索ができるだけに、「聞くより自分で調べたほうが早いし波風が立たない」と考え、なかなか質問しにくいのでは。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会