体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【検証】「買わなくちゃいけない」ことを忘れていい快感と、想定外のトラップ。Amazon Dash Buttonを使ってみた

最近、巷で話題の「Amazon Dash Button」(以下ダッシュボタン)。Amazon Prime会員限定で販売されている「ボタン」だ。ボタンを押すだけでAmazonに注文が完了して商品が届く、言ってみればワンクリック注文専用の端末である。アメリカでは2015年3月からサービスを開始しており、現在は日用品や食品など、約100品目が購入できる。

12月5日から、このダッシュボタンが日本でもサービスを開始した。現在利用できるのは、日用品、飲料、食品、ペットフードなど、約40種類のボタンだ。1個500円だが、ボタンを使った1回目の注文で500円がキャッシュバックされるので、実質無料で入手できる。早速、発売日のお昼すぎに買ってみた。

ダッシュで届くダッシュボタン

購入したボタンは洗濯用洗剤と柔軟剤、そしてトイレットペーパー用ボタンの3つ。いずれも、「買わなくちゃ」と思っていても、重かったり面倒だったりして、ついつい買うのを先延ばしにしてしまうアイテムだ。

ダッシュボタンの注文は、通常のAmazonの注文と同様にamazon.co.jpから注文する。Prime会員なので「当日お急ぎ便」を選ぶと、送料無料でほぼその日のうちに届く。実際、その日の夜に届いた。

箱の外観はこんな感じ。

箱の中にはダッシュボタン本体と説明書が入っている(ペンは大きさがわかるように添えたもの)。説明書の黒い方はセットアップガイド、白い方は安全に関する情報で、いずれも英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、日本語に対応している。

外側の枠は、壁かけ用のフレーム。押すと簡単に外れる。

設定はアプリから。設置はWi-Fiが入る場所に

ボタンを押したときに届けられる商品を1つ選ぶ(アプリからいつでも変更可能)

設定はAmazonアプリから行う。最新のAmazonアプリで「メニュー」から「アカウントサービス」をタップすると、「Dash端末」というメニューが追加されているはずだ。「新しい端末」を選択して、画面の指示に従えばよい。

ダッシュボタンを長押しして、スマートフォンアプリで検出(Bluetoothでペアリング)すると、ダッシュボタンから見えているWi-Fiアクセスポイントのリストが表示されるので、使用するアクセスポイントを選び、Wi-Fiパスワードを入力する。Wi-Fiにつながったら、アプリから「ボタンを押した時に届く商品」を選択する。今回設定した「エリエール」のボタンでは、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、ウェットシートなど、8種類のなかから選べる。後で変更することも可能だ。

トラップその1:ボタンを設置する場所はWi-Fiで通信できるか?

ここで注意したいのが、「リビングルームや自室など、通常、スマホやWi-Fiを使っている場所で設定を行う」こと。ダッシュボタンは単独でWi-Fiに接続し、インターネットの向こうにあるAmazonのサーバーに注文を出す。つまり、「ボタンを設置する場所」からWi-Fiにつながらなくては使用できない。

自宅の中でも、トイレや洗面所などは壁が立て込んでいたり陰になっていて、Wi-Fiの電波状況があまり良くないというのはよくあること。設定は実際にボタンを設置する場所で行うのがおすすめだ。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会