体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小島慶子さんに聞いた オーストラリアと日本の二拠点生活[前編]

小島慶子さんに聞いた オーストラリアと日本の二拠点生活[前編]

小島慶子さんと言えば、TBS在籍中は“女子アナ”の枠を軽々と飛び越えてラジオパーソナリティとしても大活躍。フリーになってからも、数々の番組でコメンテーターを務める一方で、雑誌『VERY』の本音エッセイや、赤裸々な自伝的告白本を執筆するなど、多方面でマルチな才能を発揮する才女。夫の退職を機に一家でオーストラリアのパースに引越し、小島さん一人が東京と3週間ごとに行き来するという生活を始めてから3年。3年たった今だからこそ語れる”二拠点生活“を、3回にわたって語ってもらった。

移民の国オーストラリアのおかげで英語を話すことに完全に抵抗がなくなった

――生活のベースをオーストラリアに移してから3年。何が一番変わりましたか?

3年たったことで、“地元感”が出てきました。私の場合は日本と行き来しているので、正味1年半しか滞在していないわけですが、夫と子どもはまる3年ですからね。息子たちはもう英語には問題ないし、夫も上手になっているので、そのうち私が一家で一番英語ができない人になると思います(笑)。

――小島さんの英語は上達しましたか?

できるできないにかかわらず、使わなければならないので、文法がぐちゃぐちゃだったり単語が正しい選択じゃなかったとしても、とにかくしゃべるようになりました。オーストラリアはもともと移民の国なので、国民の英語の習熟度にも差があります。オーストラリアに引越したと聞いて、多くの方が「お子さん、オージー訛りになっちゃうね」と心配してくださるのですが、そもそも私たちの英語はすでに“日本語訛り”。世界中の人が、そのお国訛りの英語をしゃべっています。中国訛り、ベトナム訛り、タイ訛り、ポーランド訛り、南アフリカ共和国訛り、イラン訛り、インド訛り……。こうなると、何が“普通の英語”か分かりません。要は、意思疎通ができて、ビジネスや学問をする上で不自由のないようにしゃべれれば、訛っていようが何だろうが構わない。そう開き直ることで、まったく抵抗がなくなりました。

――パースの人々は親日的ですか?

1980年代から90年代は、日豪の交流がとても盛んで、学校の選択授業で日本語を選択した人もとても多かったんです。私と同世代の現地の人は、まず最初は私を見てアジア系だと分かると、中国の方ですかって聞くんですけど、「日本人です」って答えるとみんな、「こんにちは」「ありがとう」など、なけなしの日本語をしゃべりはじめる(笑)。昔、学校で習ったそうです。今は中国語を学ぶ人も多いですが、日本語を外国語の選択科目に入れている学校もたくさんあります。巻き寿司なんかすでに国民食のひとつですしね。オーストラリアは、親日国でもあるんですよ。【画像1】小島慶子/1972年生まれ。1995年、TBSにアナウンサーとして入社。その後、フリーとなり、2014年から家族と暮らすオーストラリアと、仕事のある東京とを3週間ごとに往復する生活を送る。主な著書に、『解縛(げばく)』(新潮社)、『大黒柱マザー』(双葉社)、『わたしの神様』(幻冬舎)などがある(写真撮影/八木虎造)

【画像1】小島慶子/1972年生まれ。1995年、TBSにアナウンサーとして入社。その後、フリーとなり、2014年から家族と暮らすオーストラリアと、仕事のある東京とを3週間ごとに往復する生活を送る。主な著書に、『解縛(げばく)』(新潮社)、『大黒柱マザー』(双葉社)、『わたしの神様』(幻冬舎)などがある(写真撮影/八木虎造)

おすそ分けをきっかけにご近所と仲良しに

――パースでもご近所付き合いはありますか?

日本の町内会のようなものはなく、ごく近所の人とやりとりするだけですけど、いい人が多くって、楽しいですよ。ウチを挟んで裏がアデルさん。隣がリンさん。反対側が親子喧嘩の激しい家(笑)。向かいの家は、この間、新しいファミリーが引越してきたんです。自分たちがご近所に親切にしてもらったから、私も親切にしようと思って、「どうも~。向かいに住んでるケイコです~」ってあいさつに行きましたよ。無愛想な人が住んでると思われてもいけないし。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会