体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『たべっ子どうぶつ クーベルチュール・チョコレートビスケット』飾っても可愛いクリスマス仕様におめかし!

ご存知、ギンビス「たべっ子どうぶつ」から、セブン&アイ限定でチョコレート付きの『たべっ子どうぶつ クーベルチュール・チョコレートビスケット』が新発売! 見ているだけで癒やされるクリスマス仕様パッケージ。そのお味とは?

誰もが知ってる定番ビスケットにチョコレートをつけた豪華版

1978年に発売され、40年近く前から日本の子どもたちのおやつとして第一線で活躍してきた「たべっ子どうぶつ バター味」。動物の形、動物の名前が英語で書かれているバター風味豊かなビスケットであることは、説明する必要もないだろう。今回登場した『たべっ子どうぶつ クーベルチュール・チョコレートビスケット』(各35g 参考小売価格 税込198円)は、その「たべっ子どうぶつ」にチョコレートを付けた特別仕様だ。

『たべっ子どうぶつ クーベルチュール・チョコレートビスケット』は、ミルクチョコレート版とホワイトチョコレート版の2種類。ともにケーキの仕上げなどによく用いるクーベルチュール・チョコレートを使用している。

誰もが「かわい~い!」と声を上げたくなるようなパッケージは、二つを背中合わせにくっつけると、おうちのような形になるデザイン。

それぞれおなじみの動物キャラクターたちが帽子をかぶったり、マフラーを付けたりと冬仕度。クリスマスプレゼントとしてはもちろん、部屋に飾っておいても暖かい気持ちに♪

「Open」の表記に従って箱の上部から開くと、ここにも動物たちがニコニコ笑顔。癒やしポイントにぬかりなし! もちろん中袋にも冬仕様のキャラクターたちが描かれ、大きく「Happy Winter!」の文字。大人の記者でもワクワク感が止まらない……!

まずはミルクチョコレートから検証開始。香りは完全にチョコレート寄りで、あまりビスケット感は感じられない。見た目はいつもの「たべっ子 どうぶつ」の裏側にチョコレートが付いているという想像通りの仕上がりで、英語のプリントもいつもと同じ!

 

口に入れると、香り同様、味もチョコレートの圧勝。ビスケットの主張は控えめで、「たべっ子どうぶつ」でおなじみのバター風味や、塩味はあまり感じられない。う~ん、これは「たべっ子どうぶつ」×チョコレートというより、一般的なチョコレート付きビスケットに甘んじている気がする……ちょっぴり期待外れであったことは否めない。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。