ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ローソンと大阪王将のコラボ店舗で餃子を食べた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ローソンと大阪王将のコラボ店舗で餃子を食べた

東京・お台場にあるローソンお台場海浜公園前店は、中華料理チェーン「大阪王将」とコラボした一体型店。本格的な厨房を備え、餃子やチャーハンなど40品のできたてを味わえるのです。そこで、ローソンと大阪王将のコラボ店舗で実際にオーダーして餃子を食べてみました。

ローソンが大阪王将とコラボした

大阪王将とコラボしたローソンが通常のコンビニとの大きく違っているのは、レジの背後に厨房がある点。仕切りのガラスには「焼き立て餃子屋」と大きく書かれています。この厨房に調理専任スタッフがいるのです。

商品ラインアップも、通常のローソンとは違いがあります。冷凍食品の1棚すべてを大阪王将監修の商品が占領。コラボ店舗ならではの特徴でしょう。毎週月曜日は20%の割り引きです。

実際に、ローソンのコラボ店舗での中華メニューの注文の流れを見てみましょう。まずローソン店内の屋台風のディスプレイに、各メニューの食券があります。「元祖焼餃子」は280円、「五目炒飯」は400円です。

ローソンのコラボ店舗の営業時間

食券をレジで会計後、注文票を料理受け渡し口から調理担当者に渡します。5~10分後、できたての料理を受け取れるというシステムです。店内と外にイートインスペースが設置。その場で食べるもよし、テイクアウトももちろん可能です。

このローソンと大阪王将のコラボ店舗には、近隣への中華以外のメニューも含めた食品や日用品の配達サービスもあります。なお、ローソンは24時間営業ですが、大阪王将の営業時間は11~15時、17~22時です。

この大阪王将とコラボしたローソンの店舗は、神奈川県相模大野市に2号店があり、全国に10店出すことを目指しているとか。そのうち、ひと昔前にあった中華デリバリー文化が復活するかもしれません。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。