体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイムスリップした気分になる!クロアチア・ドゥブロヴニクの旅行記

Photo credit: 筆者撮影

Photo credit: 筆者撮影

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

私は11月下旬に1週間ほど、クロアチアのドゥブロヴニクに行ってきました。ドゥブロヴニクはアドリア海に面し、世界遺産に登録されている美しい城塞都市です。それでは数回にわけて、ドゥブロヴニクの魅力を紹介していきます。

「ドゥブロヴニク」とはどんな町?

「ドゥブロヴニク」という言葉を初めて聞いた方も多いのではないでしょうか? ドゥブロヴニクは旧ユーゴスラビアのクロアチア共和国に属する町です。クロアチア本土とドゥブロヴニクの間にはネウムというボスニア・ヘルツェゴビナに属する町があるため、ドゥブロヴニクは飛び地となっています。

ドゥブロヴニクは中世から19世紀まで「ドゥブロヴニク共和国(ラグーサ共和国)」という海洋共和国のひとつでした。そのため、他の町では見られない独自の発展を遂げたのです。

ドゥブロヴニクの表看板「ピレ門」

Photo credit: Nitta Hiroshi「中世の雰囲気がそのまま残っているドブロヴニクNO1」

Photo credit: Nitta Hiroshi「中世の雰囲気がそのまま残っているドブロヴニクNO1
ドゥブロヴニクには空港があり、ヨーロッパの諸都市からドゥブロヴニクへそのまま乗り入れることができます。空港バスの終点はドゥブロヴニク旧市街の表玄関「ピレ門」の前にあるターミナルです。

現在、ドゥブロヴニクには中世の頃から存在する3つの門(ピレ門、プローチェ門、ポンタ門)があります。かつてはもっと多くの門が存在しました。しかし14世紀、ヴェネチアの支配が終わると同時に4つ以外の門が全て埋められてしまったのです。ちなみに、後にオーストリア人が2つの門を増設しました。

11月というオフシーズンにも関わらず、「ピレ門」の前は多くの観光客で混雑していました。少しカーブをしながら降りていくと、旧市街が目の前に広がります。きっとピレ門から旧市街に降りていくカーブをタイムトンネルのように感じるでしょう。

海洋都市だけれど水の心配は無用!オノフリオの大噴水

Photo credit: Nitta Hiroshi「中世の雰囲気がそのまま残っているドブロヴニクNO1」
1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会