ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【10分でできる】ニンニクたっぷり! ガッツリかきこみたい時の満腹肉野菜炒め!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:uchitomi:20161027004324j:plain

猛烈におなかが空いている!! 体がエネルギーを欲している!!

そんな時はないでしょうか。片手に真っ白なご飯を持って、味の濃い大皿の料理をガツガツガツとかきこみたい! そんな時にちょうどいいのが冷蔵庫の余り物で作る野菜炒めです。

今回はキャベツと豚バラを使い、ニンニクを使った味の濃い特製タレを使う事でガッツリ感をパワーアップさせた、腹が減った時にたった10分あれば作れる男の満腹野菜炒めを紹介します。

基本の食材は豚バラとキャベツ。今回は冷蔵庫にあった玉ねぎも入れているがなくても可能。最初にタレを作っておいて炒めた野菜にぶっかける簡単調理です。

f:id:Meshi2_IB:20161028115719j:plain

材料(1人分) キャベツ:半分 豚バラ肉:200g 玉ねぎ:半分 ニンニク:1かけら ショウガ:1かけら ネギ:1/3本 醤油:大さじ2 酢:大さじ1 サラダ油:適量

作り方

まずはタレを作ります。

f:id:Meshi2_IB:20161028120241j:plain f:id:Meshi2_IB:20161028120436j:plain

ニンニク、ショウガ、ネギをそれぞれみじん切りに。

f:id:Meshi2_IB:20161028120539j:plain

醤油と酢を入れて混ぜたらタレの出来上がり。簡単すぎる!

f:id:uchitomi:20161027004348j:plain

大さじ1杯の酢がタレ全体を引き締めて箸が止まらない味付けになるのです。刻んだニンニク、ショウガ、ネギはいわゆる薬味のようなものになるので、食感を楽しみたいなら少し大きめに切っても良いでしょう。

f:id:Meshi2_IB:20161028120725j:plain

次にキャベツと豚バラ肉を切っていく。キャベツは食べやすい大きさにザクッと切り、豚バラ肉も半分に切るだけでOK。大きさが揃わないなど細かい事は気にしない! ちなみに今回は肉をガツガツ食べるため豚バラ肉は切らずにそのままにしました。

f:id:uchitomi:20161027004416j:plain

強火で熱したフライパンにサラダ油をひき、豚バラ肉を投入!

f:id:Meshi2_IB:20161028121021j:plain

肉の8割が茶色くなったら玉ねぎを投入!

f:id:Meshi2_IB:20161102102946j:plain

続いてキャベツを投入し、キャベツがしんなりするまで炒めます。

f:id:Meshi2_IB:20161028121216j:plain

焦げなんか気にせず強火で一気に炒めましょう! 全体的になじんできたら特製タレをぶっかけます。ジャーっと音がしてニンニクの香りがしてくるので、フライパンの中の水分がなくなってきたら……、

完成!

f:id:uchitomi:20161027004324j:plain

立ち上がるニンニクの香りの湯気は食欲をそそる事この上ない!

あまりにもすぐ出来てしまうので「飯炊き忘れた!」などの凡ミスに注意して、出来たてをご飯と一緒にかっこみましょう!

書いた人:うちとみ運輸

うちとみ運輸

放送作家、構成作家が所属するエンタメ集団。お笑いライブ、テレビ制作、舞台演出、Web記事制作などを主に活動を行う謎の集団。現在、月刊誌や広報誌、WEBなど各媒体で執筆中。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

1枚200円以下からA4・A5肉を食べ比べできる立ち食い焼肉店「治郎丸」が楽しすぎた!
マヨネーズ+ジャム=最強説。「特製マヨジャムディップ」で牡蠣フライのポテンシャルを引き出す
凍らせただけなのに全然違う! 冷凍卵を家で作る簡単な方法

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。