ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

冬の風物詩・かまくらに癒される!「湯西川温泉」で非日常体験【栃木】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
冬の風物詩・かまくらに癒される!「湯西川温泉」で非日常体験【栃木】 湯西川温泉かまくら祭

冬の湯西川温泉街に現れるたくさんの「かまくら」。湯西川温泉の冬の風物詩であるこのイベント「かまくら祭」は、2008年に日本夜景遺産に登録されました。

そんな「かまくら祭」の2017年開催日程は、1月28日(土)~3月5日(日)。昼はかまくらバーベキューに「スノーシュー体験」「スノーラフティング体験」といったアクティビティ、夜は約1000ものライトアップかまくらに癒されます。昨年からはコンセプトを一新し、湯西川の風情を背景に8つの会場が光り輝きます。

湯西川温泉と一緒に体験したい、かまくら祭の魅力って?

毎年大人気の「かまくらバーベキュー」

湯西川温泉かまくら祭

湯西川温泉冬の名物、大きなかまくらが並ぶ

「湯西川温泉かまくら祭」と言ったら、バーベキュー!というほど毎年メインの催しで、定員4人の大きなかまくらの中で、お肉や野菜などの美味しいバーベキューが楽しめます。湯西川温泉かまくら祭

冬しかできない、特別な体験!

かまくらの中で楽しむあったかいお料理に心もほっこり、いつもと一味違った非日常を味わえます。

幻想的に輝く約1000のライトアップかまくら

湯西川温泉かまくら祭

幻想的な輝きを放つ無数のミニかまくら

沢口河川敷に並ぶのは、ロマンチックな輝きを放つたくさんの「ミニかまくら」。日本夜景遺産にも認定されたミニかまくらは見応え十分で、幻想的な世界を作り出しています。

「ぼんぼりと雪だるま街道」には、商店街の店先に並ぶ個性豊かな雪だるまとLEDぼんぼりが並びます。

スノーアクティビティを思い切り楽しむ

「雪の滑り台」(湯西川水の郷スノーパーク)でのそりすべりや、「スノーシュー体験」「スノーラフティング体験」(沢口会場)など、アウトドアの催しも充実。

普段なかなか体験できないウィンターアクティビティがたくさん体験できます。疲れたら出店の暖かいフードやドリンクでほっと一息ついてはいかがでしょうか。湯西川温泉かまくら祭

昨年のスノーラフティングの様子

まとめ

1日通して楽しめる「湯西川温泉かまくら祭」の魅力をお届けいたしました。電飾のイルミネーションとは一味違った、雪と光とのコラボレーション「かまくら」も風情があって美しいですね。

かまくらを体感した後は、湯西川温泉でゆっくりと冷えた身体を温める…冬にしか味わえない幸せな瞬間です。日本夜景遺産でもある湯西川かまくら祭りで、心も身体もあったまる非日常を体験してみてください。湯西川温泉かまくら祭

夜になるにつれて、かまくらに暖かい光が灯る

料金

(1)平家の里メイン会場:1日利用券510円(小中学生250円)ナイトチケット200円(17:00~、大人小人共通)

(2)湯西川水の郷スノーパーク:大人800円、子供500円

※その他会場は入場無料

<かまくらバーベキュー>

料金:1人前1500円(2人前~)

場所:平家の里メイン会場

※かまくら貸出料1棟別途1500円

※予約は2017年1月5日(木)10:00から受付 湯西川温泉かまくら祭

開催期間/2017年1月28日(土)~3月5日(日)

場所/平家の里(栃木県日光市湯西川1042)

時間/9:00~21:00

※ただし16:00に一時閉門し、17:00から再開

TEL/0288-22-1525(日光市観光協会)

アクセス/野岩鉄道湯西川温泉駅から日光交通バス湯西川温泉行き乗車約30分「本家伴久旅館前」下車、平家の里メイン会場まで徒歩約6分

※この記事は2016年12月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

発表!関東・東北の泊まってよかった宿大賞2016【お風呂部門】
2016-2017☆年末年始は注目イベントで盛り上がろう!【関東】
ハズレ知らずの大規模イルミ♪彼女も飽きない冬灯りデート♪【関東・東北】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。