ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ノートを使えば頭もスッキリ♪ インスタやブログで大人気の3人のレシピ管理術を大公開!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「家事に追われて、今日も全然時間が足りない!」

「また子どもにイライラ。あとになって自己嫌悪……」

「毎日似たような料理ばかり作っているみたい」

毎日続くたくさんの「家しごと」。こんなふうにイライラしたり、ときに落ち込んだりすることもありますよね。

ところが、ノートを上手に使っている人たちに聞いてみると、

「あれもしなきゃ、これもしたい……ぐちゃぐちゃだった頭の中が整理された」

「なんとなく過ごすのをやめて、子どものお昼寝中など、隙間時間を有効に使えるようになった」

といった声が聞こえてきました。

そこで今回は、家事、料理、家計簿、子育て、それぞれのテーマで達人25人のノートを紹介した書籍『家しごとがもっと楽しくなるノート術』(KADOKAWA)より、3人のお料理や食卓に関するノートをご紹介します!

1.家庭の味のすべてを、娘に伝えるレシピノート

f:id:akasuguedi:20161208002614j:plain

娘さんにつくるユニークでかわいらしいお弁当や、おうちごはんがインスタグラムで大人気のフードコーディネーター・yasuyoさん。もともとお料理やハンドメイド、そして書くことが大好きで、成長したら結婚して家を離れていく娘さんに贈りたいと、手作りのレシピノートを作っています。

f:id:akasuguedi:20161207233905j:plain

メイン・副菜・デザートなどのファイルに分類されたノートはB6サイズの手帳リフィル1枚に1レシピ。無地のリフィルにフィルムケースを貼り、下の部分にシャープペンでレシピを手書きしていきます。プリントアウトして切った写真をポケットに入れて1シートが完成。

ノートを書くことでyasuyoさん自身、日々料理する際の分量や手順など細かい部分にまで目を配るようになったそうです。

すべてオリジナルレシピで、家族に好評だったメニューを記録したレシピノートは、娘さんの成長と一緒にこれからも増えていく予定です。

2.家族と食べたい!おいしいえもの探究ファイル

f:id:akasuguedi:20161207234337j:plain

ブログ「ひぐま家の生活」でのシンプルでていねいな暮らし方と愛情にあふれた子育て法が注目を集めている主婦のひぐまあさこさんの「デパ地下パトロール日記」。

カラフルなイラストの入ったノートは、デパートの食品売り場で見つけた料理のアイデアや、外で食べておいしかったメニューの食材や味付けなどのメモを集めた「おいしいもの探求」ファイルです。家ではおいしいものを食べたい。家族とおいしいものを分けあいたい。そんな気持ちから、このファイルを作りはじめたのだとか。

f:id:akasuguedi:20161207234708j:plain

無印良品のメモ用紙に、いつか作りたい気になる料理のアイデアを書きとめて、はがきサイズのファイルに入れていくだけなのでカンタン。作ってみたらいまいちだったり、あとから見直していらなくなっても、そのページを抜いたり並べ替えたりできるのも魅力です。切り方や盛り付け方などを描いたイラストは、お子さんがお絵かきをしているときに、一緒に色を塗ったりしているそう。

「この料理、家でもできないかな?」そんな好奇心と、家族と囲む食卓への思いが詰まったノートです。

3.生活リズムを作ってくれた、1週間分のつくり置きノート

f:id:akasuguedi:20161207235318j:plain

なにをいつつくったか、どのくらい日持ちしたのか、アレンジのレシピなど、1週間分のつくり置きメニューを手帳に記しているという主婦のteru56さん。

仕事から帰ってきて料理をする時間がない、体力も限界……と悩んでいたとき、以前から気になっていた1週間分の料理のつくり置きに挑戦。それまでもつけていた手帳に、つくり置きに関することを書き始めたのだとか。

ノートの作り方はカンタン。まずつくり置きするメニュー名を一覧に書き出し、そこから必要な材料や調味料、買い出しを考えます。実際に1週間分のつくりおきが完成したら、写真を撮って、画像を貼っておきます。

f:id:akasuguedi:20161212223554j:plain

ノートに記録することで、家族に好評だったメニューや、逆に食べきれなかったものがひと目で把握できるようになったほか、栄養バランスのチェックもしやすくなったそう。

さらに、苦手だったものを食べられるようになったりと、息子さんの成長や変化も、つくりおきノートによって気づけたのだとか。

家事と仕事を両立する、そんな生活リズムを作ってくれたのが、1週間分のつくり置きノートなのです。

3人の”達人”プロフィール

フードコーディネーター・yasuyoさん

娘さんにつくるユニークなお弁当やおうちごはんを紹介したインスタグラム(@kokoronotane)が大人気。体にやさしい食材を使った「心がほぐれるフードづくり」をモットーとしている。オフィシャルブログはこちら。

ひぐまあさこさん

夫と3人の子どもと暮らす。毎日のごはんや暮らしを綴ったブログ「ひぐま家の生活」は、シンプルでていねいな暮らし方と愛情あふれた子育て法が注目を集める。

teru56さん

平日はフルタイムで働く小学生のママ。家族のスケジュールとともに、つくり置きに関することを記入している手帳はインスタグラム(@teru56)でも人気。

f:id:akasuguedi:20161208000701j:plain

今回ご紹介した書籍情報

『家事も、家計も、子育ても・・・みんなのアイデアが満載! 家しごとがもっと楽しくなるノート術 』(KADOKAWA)

ノートや手帳ひとつで、日常はこんなに変わります!

「理想の部屋をキープできる」――ゆるりまいさんの暮らしノート

「月イチの記入で貯金ができた!」――うだひろえさんの家計簿

「子どもへのイライラが減った!」――カフカヤマモトさんの育児ノート

家事、料理、家計簿、子育て、それぞれのテーマに分けて、達人25人のノートを公開!毎日の家しごとがもっとラクに、楽しくなるためのノートの使い方を、たっぷり紹介します。

関連記事リンク(外部サイト)

4人目までは想定内、でも…! 周囲の温かさに支えられ、5人目の宝物がやってきた
浅尾美和さんが第二子男児を出産!2学年差男子の育児、超大変・・・の実態とは
子どもが同時に寝たらハイタッチ! ママたちの夢、大人のおしゃべりタイムを作る方法

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。