体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

悩んだらこれ!フィリピン・セブ島のおすすめ人気お土産21選

悩んだらこれ!フィリピン・セブ島のおすすめ人気お土産21選
Photo credit:Vivekpat30 (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

Photo credit:Vivekpat30 (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

こんにちは。Compathy MagazineライターのKoheiです。
フィリピンを構成する島の1つであるセブ島は、常夏の気候に美しい海や砂浜が広がる人気のビーチリゾートです。日本人旅行者や留学生も多く訪れるセブ島では、おいしい食べ物や観光、アクティビティで大忙し! ただし忘れてはいけないのが友人や職場の方たちへのお土産です。相手のことを考えて選ぶのは、とっても楽しいですよね。

今回は、セブ島で人気のお土産をジャンル別に紹介いたします。旅行は時間が限られていますので、あらかじめお土産の目ぼしをつけて、効率よく買い物を楽しみましょう!

関連記事:
「買い物するならここで決まり!セブ島のおすすめショッピングスポット11選」
「これでセブ島マニア!おすすめ観光スポット24選とその他のセブ島情報」
「マクタン・セブ空港の利用ガイド〜市内アクセスやおすすめの施設・サービスを紹介!」

セブ島の人気おすすめお土産ランキング〜食品・グルメ編〜

1.マンゴー製品

フィリピンと言えば、やっぱりこれ! 定番のマンゴーです。お土産でもらったことがある方も多いのではないでしょうか?
フィリピンのマンゴーは、他国のマンゴーと比べて小ぶりです。酸味と甘みのバランスが絶妙な味わいが特徴で、また繊維が少なめでなめらかな食感も魅力。15世紀にインドネシアから持ち込まれ、その後各島々に渡ったそうです。そしてその島々の気候や条件がそれぞれ違うため、1年を通して収穫が可能なのです。
セブ島のおいしいマンゴーをお土産にしたい方も多いと思いますが、ここで注意が必要なのは、日本の輸出入規制のためマンゴーそのものを持って帰ることができないということ。たくさん購入して空港で没収……なんてことにならないためにも、お土産には加工されたマンゴーを選ぶようにしましょう!

ドライマンゴー
Photo credit: Fiona Moore via flickr cc

Photo credit: Fiona Moore via flickr cc

まずは大人気のドライマンゴー。
どこでも手軽に食べられて、マンゴーのおいしさがギュッと凝縮されたお菓子です。なかでも有名なのが”7Dドライマンゴー”。独自の製法で作られているので、乾燥しすぎず濃厚で柔らかい食感が人気の理由です。スーパーではもちろん、お土産屋でも必ずと言っていいほど扱われている商品ですので、セブ島でも簡単に手に入れることができます。

そのまま食べるのはもちろんですが、ドライマンゴーのおすすめな食べ方は、ヨーグルトやアイスクリームのトッピングにすること。またヨーグルトにひと晩漬けるとさらにジューシーな食感になるので、ぜひ新たなドライマンゴーの魅力を味わってみてください!

マンゴージュース
Photo credit:Vivekpat30 (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。