ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

健康オイルでおいしいドレッシングを作ろう!

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:ponparemall:20161124145714j:plain

ココナッツオイルやオリーブオイル、エゴマオイル…などなど、最近植物由来のオイルがモデルなど美への感度が高い人たちからも注目され、流行っていますよね。だけど、そんなオイルを手に入れても、ついつい使い方が同じになってしまいがちではありませんか? いつの間にか飽きてしまって使い切れない…なんてことも。そこで今回は、健康に良さそうな植物オイルを使った、おいしいドレッシングの作り方をご紹介します!

体に良いオイルってどんなものがあるの?

ドレッシングのレシピをご紹介する前に、最近流行りの健康オイルがどんなものなのか、知っておきましょう。

そもそも“あぶら”とは、例外もありますが、動物性の“脂”と植物性の“油”に分けられるのだとか。体に良いとされる健康オイルは植物性の“油”です。

植物由来の“油”には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類があり、最近注目されているのは不飽和脂肪酸の油。そんな不和脂肪酸の油にも、いくつかの種類があるのだそうです。不和脂肪酸の油について、様々なオイルを取り扱う紅花食品の田中耕平さんにうかがいました。

「不和脂肪酸は主に、“オメガ3系”、“オメガ6系”、“オメガ9系”に分類されます。オメガ6系脂肪酸が多く含まれた油ですとごま油や大豆油、オメガ9系脂肪酸が多く含まれた油はオリーブオイルや菜種油などが有名で、これらは日頃から摂取している方が多いかと思います。最近注目されているエゴマオイルや亜麻仁油には、オメガ3系脂肪酸が多く含まれています。これらも栄養価が高いのですが、6系・9系に比べると、これまであまり普及しておりませんでした」(田中さん・以下同)

オメガ3系脂肪酸の、α(アルファ)-リノレン酸が豊富に含まれている油には、体内でDHAやEPAに変化するのだとか。

「DHAやEPAは血流改善や動脈硬化の予防が期待できると言われています。青魚に多く含まれている成分としても有名ですよね。しかし、魚から十分な量のDHA・EPAを摂取するのはなかなか難しいのが現状です。なので、オメガ3系脂肪酸が多く含まれたオイルから積極的に摂っていただくことをオススメしたいです」

α-リノレン酸は以上のような効果が期待できるだけでなく、「美肌・美容効果」、「血圧の改善」などの効果が期待できるとも言われているようです。

オメガ3系脂肪酸が多く含まれるオイルの種類

人間の体内では合成することができない、必須脂肪酸でもあるα-リノレン酸。それをオメガ3系脂肪酸のオイルで摂取できるのであれば、嬉しいですよね! では、オメガ3系脂肪酸がたくさん含まれたオイルには、どんなものがあるのでしょうか? 手軽に購入できる代表的なものをいくつかご紹介します。

亜麻仁(アマニ)油

オメガ3系の代表格。精製された亜麻仁油ではなく無精製の品を選ぶのがポイント。無精製品は軽い苦味があり、香ばしい香りが特徴です。加熱すると効能がなくなると言われており、炒めものなどに使用するのは避けたほうが良いそうです。

f:id:ponparemall:20161124145705j:plain

紅花食品 有機亜麻仁油 170g 価格/1520円(税込/編集部調べ)

画像提供:紅花食品

在庫をチェックする⇒

荏胡麻(えごま)油

荏胡麻はシソ科の、種子から油がしぼれる植物。荏胡麻から抽出された油は、荏胡麻油やシソ油として流通しています。亜麻仁油よりも柔らかい口当たりが特徴で、クセがあまりありません。亜麻仁油同様、熱には弱いです。

f:id:ponparemall:20161124145957j:plain

紅花食品 荏胡麻油 170g 価格/946円(税込/編集部調べ)

画像提供:紅花食品

在庫をチェックする⇒

グリーンナッツオイル

インカグリーンナッツという、ペルーでよく取れるナッツから抽出されたオイルです。α-リノレン酸が50%以上も含まれているのが特徴。天然のビタミンEも多く含まれています。こちらは熱にも強く、炒めものなどに使用しても◯。至れりつくせりな健康オイルですが、かなり味にクセがあります。

f:id:ponparemall:20161124150243j:plain

紅花食品 有機グリーンナッツオイル 100g 価格/1597円(税込/編集部調べ)

画像提供:紅花食品

在庫をチェックする⇒

オメガ3系のオイルでドレッシングを作ろう!

オメガ3系脂肪酸を多く含むオイルは独特の風味があるものが多いので、食べ慣れていないとちょっと抵抗を感じる場合もありそうです。でも、ドレッシングにしてしまえば、クセもイイ感じに緩和されるはず! 田中さんにオススメの使い方をうかがいつつ、実際にドレッシングを作ってみました。

【亜麻仁油のドレッシング】

亜麻仁油は温野菜にぴったりなクリーミーなドレッシングに。

用意する材料は、以下の6点です。

<材料>

・バター(ひとかけ分)

・オリーブオイル(大さじ1)

・亜麻仁油(少々)

・塩(少々)

・コショウ(少々)

・レモン汁(少々)

<作り方>

1)溶かしたバターにオリーブオイル、亜麻仁油を入れホイッパーで混ぜる。

2)1に塩コショウ、レモン汁を加え味を整えて完成。

混ぜるだけなのでとっても簡単! 亜麻仁油独特のエグ味が消え、コクのある味わいになりました。

田中さんがオススメする亜麻仁油の使い方は、納豆へのちょい足し。

「納豆の味に深みが出ておいしさがアップします。亜麻仁油は和の食材との相性が抜群で、醤油と一緒に豆腐にかけたり、味噌汁にたらしたりしても美味しくいただけますよ」

【荏胡麻油のドレッシング】

f:id:ponparemall:20161124150503j:plain

ソテーやステーキの付け合せにぴったりなベビーリーフに和える、シンプルなドレッシングです。

<材料>

・荏胡麻油(適量)

・塩(少々)

・コショウ(少々)

・ベビーリーフ(適量)

<作り方>

1)荏胡麻油に塩コショウを入れ混ぜる。

2)味を見て塩コショウの量を調整し、ベビーリーフに和えたら完成。

クセのないベビーリーフに、荏胡麻の風味がアクセントになりました。まったりとした口当たりの荏胡麻油は食材をまろやかにしてくれるので、苦味のある野菜ともマッチします。ゆでた葉物をめんつゆと一緒に荏胡麻油で和えても美味ですよ!

いかがでしたか? 味のクセが強いオイルでも、ドレッシングにすればクセがマイルドになり、もりもり野菜も食べられそうですよね。一度にたくさん使うので、余らせて放置してしまう…なんてことも少なくなりそうです。

繰り返しになりますが、オメガ3系脂肪酸を多く含むオイルは熱に弱いものが多いので、加熱調理や日当たりの良い場所での保管はしないように気をつけましょう。冷蔵庫に保管すると良いようです。

<今回紹介した商品>

・紅花食品 有機亜麻仁油 170g 価格/1520円(税込/編集部調べ)

在庫をチェックする⇒

・紅花食品 荏胡麻油 170g 価格/946円(税込/編集部調べ)

在庫をチェックする⇒

・紅花食品 有機グリーンナッツオイル 100g 価格/1597円(税込/編集部調べ)

在庫をチェックする⇒

(取材協力)

紅花食品

紅花食品公式サイト

取材・文・撮影/河島まりあ

関連記事リンク(外部サイト)

時短料理の強い味方! 進化した「キッチンバサミ」を使いこなそう♪

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。